『てげてげ』の保存版です.
低下低下=てげてげ
『てげてげ』 の目次
「てげてげ」は薩摩弁.意味は「適当,大雑把,いい加減,アバウト.」
2013/04/30(火)2 困難な時代を生き抜くための羅針盤
次から次へと目まぐるしく変わるニュースや事件…。
マスコミも、視聴者も、為政者も、評論家も、学者先生方も
日々の事件やニュースに振りまわされる日々…。
一つ一つを深く考えることなく、慌ただしく事件の表面を浅く
なぞるだけ。その場かぎりの虚しい評論。

何が原因で、何が問題なのかも深く追求しないから、一切
何も解決せず、何も解決しないから、事件も災厄も深刻さが
増すばかり。時間だけがいたずらに過ぎてゆく…。
これが今の日本というドロ舟の緩慢な亡国航路だ。

日本という国は、今度、どうなるのか?
このことについて、響堂雪乃の予測が鷲は正しいと思う。
響堂雪乃は、こう書いている。↓
あまりにもペシミスティックな言説は控えるようにして
いるのだけれど、この国はあと10年も持たないのだと
思う。
原発事故、財政破綻、多国籍企業による侵略など、
それぞれ単一のエレメントですら破壊的な結末をもた
らすのだが、事態は過激に重層しているのであり、今
なお楽観論や精神論をふりかざすのであれば、それ
は単なる無知に過ぎない。
響堂雪乃は、こうも書いている。↓
我々は子供たちという最大の国家資源、未来の再生
余力、すなわち唯一の希望を蹂躙しているのだから、
滅びは必然なのだろう。
滅びは必然! という響堂雪乃の言は、コケ脅しではない。
この国と世界の有り様を長年にわたって鋭く分析してきた、
その深い思索の結果である。

激甚な原発事故で、数千万人以上の国民が2年以上も深刻
な内部被曝状態にあるのに、国家政府は何の対策も打たず
事故った4基の原発の収束は、ほぼ不可能!になってきた。
こんな国家には、滅びは必然なのである。

滅亡過程にある国家社会のなかで、真実を隠蔽し、洗脳情報
を流し続けるマスコミには、見向きもしないほうがEー。
羅針盤、あるいはメルクマール(物事を判断する基準)として機能する
響堂雪乃の著書を熟読すれば…、日本の最悪事態を前もって
体験できる!
最悪事態のなかでの対応策、生き残り策も出てくる。

その響堂雪乃が『独りファシズム』、『略奪者のロジック』に続く、
第三作目!
SLAUGHTERHOUSE<グローバル資本は国家と人間を解体する>
を出版した!
膨大な文字数、頁数のため、鷲も連休中は読書三昧でR。
おどろくのは、本の値段。 なんと!わずか700円。
それもそのはず。電子出版なのだ。

お買い得! 鼠か、ペーパー本の時代が終った今、本をネット
からダウンロードして読む時代の実践訓練のためにも、今回
の響堂雪乃の電子著書はダウンロードする価値がある。

http://p.booklog.jp/book/69838/read ←(購入はこちらから)
2013/04/30(火)  安くなった時に買う!
居間や寝室を『放射能ゼロ空間』にするための便利な家電、
シャープ プラズマクラスター搭載空気清浄機。8畳用が…、
いま、¥10,980 (通常配送無料)だって。安い!
この機種はヘパフィルター付ではないが、集塵性能は引け
をとらない。
フィルターの掃除は、サイクロン掃除機で簡単にできる。
このタイプは鷲も1台使っているが、8畳用でも24時間回す
ので、20畳くらいの部屋でもホコリがなくなる。
入浴1時間前に浴室に運び、ファンを「強」にして回しておく
と浴室が『放射能ゼロ空間』になる。この安心感は最高だ。
2013/04/29(月)2  安倍? プーチンとは格が違う!
昨日、安倍晋三が訪露した。
魔坂、竹中平蔵が同行!なんてことはないだろーな?!
中曽根康弘は、M・グリーンの兄貴分の佐藤誠三郎を同行
させたが、KGBに翻弄されまくりだった…。

安倍・竹中コンビでは、プーチンには到底太刀打ちできない。
クレムリンの密室で下手な言質とられるのがオチだ罠。
で、やがて中曽根の「不沈空母」発言みたいなオベンチャラ
を米国に言わねばならなくなる…、と。

来客多数でも、日本の外交を心配する鷲。 心に余裕あり!
てかwww
2013/04/29(月)  放射能を消す唐辛子 (2)
  発酵環境で発酵食品をつくり常食する。これが常識!

放射能国家で生き延びていくためには、発酵環境で発酵食品
を食べる!これが必須条件だ。これは聖フランシスコ病院から
はじまった「放射能国家の伝統」だ。

しかし、市販の「発酵食品」は殺菌が義務づけられているので
強力に殺菌されている。味噌にも漬け物にも乳酸菌がいない。
乳酸菌が生きているとパックが膨れるので消費者が嫌い、返品
の山ができるので、なおさら強力殺菌。だから毒まみれ。こんな
「有毒・有害食品」は買ってはいけない。食べてはいけない!

そこで 爆裂!魔法の発酵 漬け物床 だ。
これは玄米粉で唐辛子粉を強力発酵させた漬け物床(どこ)だ。
玄米粉(10%)と唐辛子粉(90%)を混ぜ、ダシ汁を入れると…、
殺菌作用のある唐辛子粉が、爆裂発酵する! この不思議さ
は次回に詳説するが、とにかく魔法の爆裂発酵床(どこ)なのだ。

この魔法の漬け物床に、生肉、野菜、魚、ハム、乾物、野草!
何でもブチ込んで発酵させてしまう。
すると、長期保存ができるだけでなく、放射能に強くなる食品に
変身しちゃう! ってんだから、心づよいこと、この上なし。

ま、これで完全な発酵食品が家庭で簡単につくれる!鼠ー時代
が来たワケだ。
ありがとーー! 玄米粉クン。(玄米粉が秘法、秘訣だから寝!)

鼠ワケで、鷲も豚の生肉のブロックを漬け込んでみた…。
豚肉は鷲のグルンバ乳酸菌で育てた乳酸菌豚の生肉だ。

生肉漬込1 生肉漬込2
乳酸菌豚の生肉を、唐辛子粉&玄米粉の発酵床に漬け込む作業。楽しみ!

生肉漬込3 生肉漬込4
唐辛子粉&玄米粉の発酵床に1ヶ月以上も漬けた生肉が、こんなに美味しいとは!
2013/04/28(日)2  放射能を消す唐辛子 (1)
311の直後から、鷲は、乳酸菌のことを猛烈に書き始めた。
今も書いているワケだが、その量たるや余りに大量の文章を
書いてきたので、鷲自身が読みきれない。

あれ? 聖フランシスコ病院の発酵環境について書いた文章
は、どこにあったけ? なん鼠ばあいがある。

そーゆー場合は上のメニューの『サイト内検索』をクリックして
「聖フランシスコ」とかと検索ワードを入力すると、鷲のサイト
を全て検索して表示してくれる…。便利な機能だ。
ま、鷲のサイトも、けっこう便利な機能が付いているん蛇夜。

そだ。上のメニューに小さな赤い旗が何個かある蛇ろ?
これは「新しい記事があります!」鼠ーサインなん蛇が…、
その赤い小旗をクリックすると、色んなサイトに飛べる。これ
は、鷲だけの機能なん蛇が、けっこう便利につかっている。

このサイトのメニュー欄はリンクだらけなん蛇が…、ためしに
『飯山一郎が兵法を語る口演会場』というタイトルの真横に
小さな点が2個ある蛇ろ? この小点にもリンクが張ってある
ので試しにクリックしてみて猪。
カエルや、ブタや、タヌキのアニメにもリンクが張ってある…。
兵法を語る」 をクリックすると、『孫子の兵法』が読める…。
このサイトのメニュー、けっこう面白い蛇ろ? ^g^/

おっと、余談が過ぎた。
乳酸菌のことを話そう! としていたの蛇った。
さて…、
乳酸菌の応用に関して、最高傑作は何蛇ろか?!
それは、爆裂!魔法の発酵 漬け物床 蛇!
と、鷲は勝手に思っておる。
その理由は二つあって…、
ひとつは生肉を1ヶ月も漬けておいても腐らない!鼠こと。
もう一つは、漬けた食材から放射能が消える! 鼠こと。

どちらも、「飯山一郎がまーたトンデモないことを書いた!」 と
ワケワカメが騒ぐよーな話なん蛇が…、連休中は上の二つの
ことを書きます!鼠ー予告編でひた。
(つづく)
2013/04/28(日)  3羽でもニワトリ 7匹でもハチ
庭の片隅に掘った穴トイレ…。
んこをしって、そのままにしておくと、ハエが沢山集まってくる。
銀蝿(ギンバエ)までが飛んでくる。
この銀蝿、たぶん横浜から飛んで来たの鴨。横浜銀蝿つって。

そこで乳酸菌液をかける。棒切れで泥と混ぜると、発酵する。
すると「んこ」が好きなハエはいなくなる。

乳酸菌と泥と混ぜ合わせて発酵させた「んこ」ってのは、実は
「んこ」ではなくて、「完全発酵有機肥料」なのだから…。

な~んてことを思ってると、なんと、蜂(ハチ)が飛んできた。
最初に飛んできたハチは、土バチ。黒いハチだ。
つぎに足ながバチが飛んできた。金色の輝きが奇麗だ。

やがて…、
なんと!ミツバチまでが飛んで来たのだ。 それも日本蜜蜂。
最初の一匹に、鷲は、名前を付けた。「ムサシ」と。
そいつに鷲は歌を歌って聞かせた。
   ♪ハチのムサシは死んだのさぁーー♪

これって、発酵した鷲の「んこ」が、蜜を出したからなのか?
きのう、デコポンを3個も食ったからなーー。
乳酸菌がデコポンの果糖を花の蜜の香りに変えたの鴨。

それにしても、発酵した鷲の「んこ」に集まって来るハチたち。
1~2分後、「これ、花じゃねーや!」と気付き、去ってゆく。

それにしても、色んなハチたちが集まってきたもんだY。
ハチたちがハチ合わせしちゃうほど… (笑)
…下手クソな↑オヤジ・ギャグ。 あたし、ハチかしい。
2013/04/27(土)2  たまらないトイレ
うんこ消滅トイレ1 うんこ消滅トイレ2
しってもしってもうんこがたまらない便所を庭の片隅に作った。
スコップで穴を掘り、ソコにまたいで脱糞。直後に乳酸菌液を
かけ、木の棒で掻きまわし、うんこと泥を良く混ぜる…。

すると、あらあら不思議、明日になると昨日のフンがない!
乳酸菌や土壌菌が、うんこをみんな食ってしまったのだ。

たまらないトイレを二つ作った理由は、3~4日休ませながら
使うと、うんこが消えて発酵した底泥がすんごい強力な肥料
に変身するからだ。

この肥料で野菜を育てると、成長の早いこと!美味いこと!
ビタミンたっぷり、無農薬、無肥料。おっと、発酵うんこ肥料。

韓国の古い諺(ことわざ)に…、
  「下肥 (しもごえ、人間の大小便を肥料にしたもの) を使わないと
   黄色い花が咲く…」 というのがある。
黄色い花=黄疸になる! というのだ。

今回の「たまらないトイレ」は、トイレなんかは簡単に出来る!
うんこ・しょんべんの処理なんか、乳酸菌があれば簡単簡単
朝メシ前だ! 鼠ことも言いたかったんだけど…。

あれ? ちょうど今、夕食時だわね。
食事中の方、すびばせんでひた! m(__)m

2013/04/27(土)    禿鷹と鷲の争い (1)
    『ヒトの喧嘩を横取りするヲンナとチクリ男』

きのこは、いつも鷲の喧嘩に割り込んできて、鷲の喧嘩相手と
派手に渡り合い…、当事者の鷲はノケモノになってしまう。
テネモスとの喧嘩のときも、きのこが主役になってしまったし…、
放射能は安全!の稲恭宏との喧嘩も、結局、鷲は除け者。

今回の音田との喧嘩も、ただ今現在、鷲はノケモノだ。
だって、音田が訴えるとしたら鷲のはずなのに、音田の野郎、
鷲は二の次で、きのこを最初に訴える!って、なん蛇そら?
“たたかう老人”が看板だった鷲としては…、困るの事よ。

だいたい、きのこには音田との間に争点がないでしょ? 何も。
鷲にはあるん蛇夜! やっちゃ場だろうが、法廷だろうが、争う
べき争点が山ほどあるん蛇。

先ず今回は、音田から喧嘩をフッかけて来たので、これを鷲が
叩くと、音田は金融庁や警察署に泣き込んでは、「飯山一郎を
逮捕して下さい!」 と泣きの涙。

金融庁も警察署も最初は話を聞いてくれたが、最後は呆れ顔。
警察にも相手にされなくなった音田は、次には、鷲の非公開の
特別な住所をネットに晒し、鷲のビジネスの話をイカにもタコの
犯罪のよーに書き散らす…。これって、どっちが犯罪人?
   (鷲は、この報復攻撃を、次回、派手に行う!)

あれだけシャープを誹謗中傷をしまくった音田だが、都合が悪く
なると警察にタレ込み、チクる…。
音田は、顔見知りを平然と警察官憲に売るタイプだ。
普段は権力を批判するが、結局は権力の犬になるタイプ。

音田はハゲタカ外資と組んで日本企業を平然と売り飛ばす人間。
隣人を平気で警察官憲に売り飛ばす人間の典型だ罠。

今後、日本も米国のような警察国家になる。
その時、最も警戒しなくてはならないのは、警察よりも音田の
ような隣人を平然と官憲に売る「タレコミ男」だ。

治安維持法の時代。音田のような「チクリ男」に、無実の人間が
どれほど泣かされたことか!

ま、音田みたいな禿鷹と争う相手は、きのこよりも鷲が相応しい!
鼠ー話。
(つづく)
2013/04/26(金)4 大勢の人達の逆をヤル生き方
「大変な大暴落になるのか? 持ち株全部を売り払うべきか?」
といった質問が鷲のところに殺到している。 (´,_ゝ`)

鷲は、ひとりひとりに丁寧に答える…↓
「暴落はあります! きょうから始まりました。が、ジタバタする
ことはありません。今回の暴落は今までの急騰に対する調整
で、調整が終われば、また暴騰します。今回の相場は、25年
ぶりの歴史的な大相場(暴走相場)になります。ですから暴落
場面は絶好の買い場になります!」

悲しいのは…、
株価が大きく上がって、ネット取引が渋滞するほど一般投資家
が高値を買い付いた直後に株価は暴落することだ。
今回も同じ現象が始まっている…。

相場の神様・本間宗久の言葉、↓
「野も山も皆一面に強気なら阿呆になって米を売るべし!」
この格言に従えば、今は売り!の局面に入ったということだ。

相場も人生も、大勢のヒトたちの逆をヤルほうが面白くなる。
人の行く 裏に道あり 花の山 鼠コトなんだ罠!
2013/04/26(金)3 早くも魔坂
牛ーー来たみたいだ罠。魔坂の暴落が…。シャープ株は実に
底堅い動き! (鷲はシャープ株だけは鬼ホールドする!)
2013/04/26(金)2 魔坂の5月
東京株式市場では連日3兆円の大商いが続き、個人投資家
も殺到し大混雑。ネット取引がしにくい状況が続いている。

株は、この大盛況の時が危ない!

今まで大幅に買い越してきた外人投資家が、4月の第3週は
売り越しに転じた。今週(第4週)も売り越しだとUー。

一方、個人は4週ぶりに買い越しに転じた。
買越額は3245億円と、2011年3月第2週以来の高水準。
ネット取引の賑わいからみて、個人投資家は今週(第4週)も
大幅に買い越しているよーだ。
こーゆーときに ドカン! と来るのだ。

NYも、東京も、株価水準が非常に高い位置に到達している。
とくに東京株式市場は昨年の12月から休みなしに高騰して
きた…。
このへんで大きな調整(暴落)が入るのは、相場の定理だ。

いつまでもあると思うな親と金。ないと思うな 事故と暴落。
魔坂の暴落。これは5月に来る!
2013/04/26(金) 戦争屋の謀略を止める政治家 (9)
   金正恩の大勝利! 呆気ない幕切れ

弱冠30才の青年が世界最強の米軍を敵にまわし…、
「核戦争? おお、上等じゃねーか! どっからでも来い!」
とタイマン張って闘う!ってんだから…、これはスギョい。

どんなタイトルマッチよりも面白く、前代未聞のメインイベントに
なる! と、鷲は手に汗を握って観戦していたが、闘いは…、
ゴングがなる前にタオルが投げられ、金正恩の完全勝利!
鼠コトになってしまった。これは何とも呆気ない結果だ。

タオルを投げたのは、ジョン・ケリー。米国反戦派の頭領だ。
ジョン・ケリー国務長官は、なぜタオルを投げたのか?

ひとつは…、
ケリーが「軍部の独走」を懸念し、これを抑えた、鼠こと。
「軍部の独走」というのは、満州事変と同じで、現地の軍部が
戦争屋に煽られて暴走してしまうことで、この暴走をケリーは
危惧し、慌てて現地(中・韓・日)に飛んだワケだ。

ジョン・ケリーの懸念どおり、極東の米軍は暴走寸前だった。

北朝鮮に対する米軍の挑発行為は、かつてない大規模な
軍事挑発だった。
ステルス戦闘機(F22)、ステルス爆撃機(B2)、空母テニソン
と何隻もの原潜を北朝鮮沖にまで進出させ…、北の攻撃だ!
と局地的な騒動をデッチアゲ、北朝鮮の基地を一斉に爆撃!
という戦争屋のシナリオどおりに事態は進んでいた。

このため、アメリカの内外で『北朝鮮を刺激しすぎた』との批判
が噴出、ケリー国務長官も4月12日、『オバマ大統領は多く
の訓練中止を命じた
』と述べて、「挑発中止」へと方向転換を
示唆した。

こういった真実を日本のマスコミは報道しなかった。
北朝鮮から今にもミサイルが飛んできそうな危機を煽りまくり、
“北朝鮮を憎ませる洗脳報道”一色だった。
日本。悲しいほどの情報鎖国である。

かくして、ジョン・ケリーの八面六臂・東奔西走の「反戦運動」
により情勢は一転、戦争屋の戦争工作は完璧に粉砕された
のでR。
…終わってみれば、何とも呆気ない幕切れであった。

さて、戦争屋の大敗北!というこの結末で、一番特をしたのは
誰なのか? どの国なのか?
大損をしたのは、ロクでもない武器を買わされた日本と韓国。
アメリカも「戦争屋」と「反戦屋」の相克がバレてしまい、大損。
鼠ワケで、残るは北朝鮮の損得だが…。

威嚇しまくり、恫喝しまくり、威張りまくり、ケツまくって…、世界
最強の米軍を敵にまわし、一歩も引かなかった金正恩。30歳。
この若造の大勝利! 鼠コトになる。

金正恩の大勝利! これには、もっと深い意味とウラがある。
が、その話は次稿で語りたい。
2013/04/25(木)3 発奮しよーぜ!>全国の爺さん (婆さんもな)
ジャンボ尾崎

 男子プロゴルフのつるやオープンは25日、兵庫県川西市の山の原GC山の原(6793ヤード、パー71)で第1ラウンドを行い、66歳の尾崎将司が1イーグル、9バーディー、2ボギーの9アンダー62で回り、年齢以下のスコアでラウンドする「エージシュート」を達成した。男子レギュラーツアーでのエージシュート達成は史上初の快挙

 尾崎将は好調なショットを支えに前半の5番から4連続を含む5バーディーを奪う快進撃を見せた。後半も勢いは止まらず、17番パー5でイーグルを奪うなど、コースレコードに並ぶ62をマークした。年齢よりも4打下回り、単独首位でホールアウトした。
2013/04/25(木)2 ヒンデンブルグ・オーメン
アメリカは金融資本主義の本場だから、株式投資をする市民が
多い。大半は邦貨で40~50万円位の株をPCで売買している。

最近、アメリカでは「ヒンデンブルグ・オーメン」という不吉な予言
の話で持ちきりらしい。

「ヒンデンブルグ・オーメン」は1937年5月6日にアメリカで発生
したドイツの飛行船「ヒンデンブルク号」の爆発炎上事故に由来
し…、「株価の暴落が近い!」というアノマリー(異常法則)だ。

では、いったい、今回も「株価の暴落」は発生するのか?

鷲は、発生する! 5月の暴落は、ある! と思う。
ただし5月の株価暴落は、鷲のチャート理論からの予測だ。
どーゆー予測かは、ココをクリックすれば読めます。

ただし…、
日米の中央銀行がカネを刷り散らかしているので、金融社会は
カネがジャブジャブ。
だから大暴落ではなく、小暴落wwだろう。
で、ソコは絶好の買い場だろう! と「暴落」が楽しみな鷲。
2013/04/25(木) 鹿児島の怪僧、ピンチ!
  『朝鮮総連本部落札の最福寺、融資断られる』

朝鮮総連本部の土地・建物を45億円余りで落札した鹿児島の
怪僧・池口恵観法主(ほっす)(76才)が複数の金融機関などから
融資を断られていた鼠ー話は、ウラでの揉め事が原因だろう。

5月10日の納付期限までに落札代金を支払えない場合は、
池口恵観法主は大恥をかくことになる。

池口恵観法主は…、
「金融機関側にどこかから圧力がかかっているようだ…」
と話しているとUー。 (記事)
しかし、「圧力」なんてことは当初から分かっていたはずだ。

東京在住の薩摩人の大物は…、
「“弟子”の安倍総理と、イトコの小泉純一郎が逃げたんだ罠」
鼠コトを確言してたが、そのとーりだろう。
なぜ?安倍ゲリ三と子鼠(ネズミ)が、逃げたか? は、諸説紛々、
真相は藪の中だ。

いま言えることは…、
北の金王朝と朝鮮総連がシックリいってない、鼠コト。
これは…、
朝鮮総連の幹部が言う、金正恩は済州島系の高英姫の息子!
という説を金王朝が強く否定しているためだ。

45億円。
こんな端金(はしたがね)でモメる「怪僧-子鼠-ゲリ三」という朝鮮
の血をひくコンビも金王朝には見捨てられていたんだ罠。

不良害人=マイケル・グリーンあたりにもオドされたんだろけど。
2013/04/24(水)3 ナーバスな米国不安社会
オバマ負傷のデマ 昨夜のデマ。↓ 質問が多いので答えたい。
「ホワイトハウスで爆発があり、オバマ大統領が負傷した!」

これがAP通信の短文投稿サイト・ツイッターから流れ、とくにNY株式市場は騒然となり、株価が一時は100ドル以上も急落する騒ぎ。(左図)

AP通信はハッキングされたとして、ツイッターのアカウントを当面閉鎖するとした。
カーニー大統領報道官も直後の記者会見で「大統領は元気。今まで私と一緒にいた」と述べて、虚偽の情報であることを強調した。

鷲が思うに…、今の米国は「戦争勢力」と「反戦勢力」の争いが激しくなっており、何か不吉な不祥事が起きても不思議ではなく、一寸先は闇。

ま、何があってもジタバタしないことだ罠。

2013/04/24(水)2 財布パンパン。体ホッソリ。ノンメタボ。
疑いぶかいシトがいるもんで…、
「ぽんぽこ笑店のコメの在庫は本当に大丈夫なんですか?」
という電話が何本も入る。

言っとくがー、鷲は、今は、レッキとした商人です!
商人は、「顧客」と「仕入れ」が命なんです。
客に奉仕すること、そのためにシッカリとした仕入れをする!
このことのプロなんです!鷲は。 まっかせなさい!

鷲、311以前は乳酸菌を使った環境浄化技術の開発の仕事
をしていたが、今は、「運動商売」に徹している。
運動商売とは、東日本に安全な食品・食材をお売りする! と
いう運動であり、商売だ。

最初は南九州産のコメの仕入れから始まったが、今では
大豆、豆乳、茶、芋飴などのほか、野菜の生鮮三品
も充実してきている。

この南九州の安全な食品・食材は『飯山一郎・ブランド』として
鷲と鷲のスタッフが厳重にチェックしている。

だっから…、
飯山センセから届いたモノを食べる時の安心感!
これだけでストレスがぐ~んと下がり、しあわせが実感できる
とUーのだ。めでたしめでたし。商人として鷲も嬉しい。

ところが2~3日後…、
「センセ、食べ過ぎました。体重が増えました…」
という電話。
「あ~そ。痩せる思いで太っててください!」
と鷲は、そっけない返事を返す始末…。

鷲のばやい、今の食費は、1年前の5分の1だ。
鷲が如何に食べないか! 食べても小食で粗食。
グッバイ!メタボの証拠となるヌード写真を、鷲は2~3日前
に、恥ずかしげもなく誇らしげに載せた。

注目点は下半身、とくに脚と脹脛(ふくらはぎ)の筋肉だ。
少食・粗食だけではダメで、ウォーキングと運動で下半身の
筋肉(=第二の心臓)をつけるのだ。これで不整脈は完治!

そーしているうちに気がつくと…、食費が1年前の5分の1に
なっている…。
だっから、財布はパンパン。体はホッソリ。ノンメタボ。 (爆)

ま、少食・粗食と、筋肉痩身体に成功しているヒトは、食費が
5分の1になる!鼠コトは普通のよーです。
くやしかったら、チミもやってみな!
2013/04/24(水)  泣き落とし戦術
誰とは言わないが、危機を煽るだけのシトがいる。
煽られて、恐怖に恐れおののき、逃げ惑うだけのシトもいる。
Eーことではない。心身に良くない。(心身とは心と身体でR。)

鷲は、危機は危機としてキチンと認識し、その危機に対応する
方策を考えだして、それをバッチリ実践していく! これが鷲の
ポリシーだ。

認識方策実践。この三位一体がバランスよくそろってない
と、いまの逆境のなかで、ヒトは上手く生きていけない。

したたかに、しなやかに、たくましく生きていってほしい!
この願いを愛する家族や友人に伝えるために、鷲は毎日毎日
鷲の思い(認識と方策と実践)を書き綴っている…。

認識」は、つぎの四つのことをキチンと念頭におくことだ。
放射能国家、戦争準備国家、経済暴走国家、植民地国家。
こういう最悪の国家に住んで生きていかねばならない現実…、
これをビシッと認識しておくこと。

方策」は…、乳酸菌、豆乳ヨーグルト、放射能ゼロ空間での
睡眠、小食と粗食、ウォーキングで汗をかき筋肉を鍛える…、
そーして、とにかく健康体で生き延び、生き残る!
そーすれば、やがて必ず勇気と希望と生き甲斐が湧いてくる!

実践」については、鷲のケーススタディを話そう。
こういうことがあった。
南九州産の米を買い占め業者が買い漁っているという情報…。
あちこち問い合わせると、たしかに農家の納屋に米がない、と。
東日本は米が余り、米価が暴落している! というのに…。
『ぽんぽこ笑店』の在庫もカスカスだ!とスタッフが騒ぎだした。

やはり南九州産の安全な米は消えつつある!と認識した鷲は、
方策」として、南九州の人脈を総当たりして「泣き」を入れた。

「東日本の人たちに安全なコメを送るための人助けだ。助けて
やってくれ! まだ米をもっている親戚や仲間を紹介してくれ!」
この泣き落し戦術(方策)が効いた!薩摩人は情があついのだ。

鷲は、人脈を総動員して、駈けずりまわった!
駈けずりまわって戸別訪問すること。この運動は効き目がある。
運動とは、自分の体を運び、あちこち動き回ることだ。
スポーツだけが運動ではない。

秋の収穫まで、あと4ヶ月…。
安全なコメがなくなってくると…、買い占めもおきるし、なにより
も鷲の顧客に不安だけでなくショックを与えてしまう。こー認識
した鷲は、先頭に立ってコメの買い占めに歩いた!(爆)

だから、牛ーー安心です!
秋の収穫まで、あと4ヶ月…。
すぐに秋になるから、買い占めなんて必要ないからね!
2013/04/23(火)2  警視庁からの電話
最近、地獄耳鼠か、情報通の方々から質問されるのは…、
「飯山センセ、警視庁と何かあったの?」
ということだ。鷲の答は…、
「はい、ありました。」

じつは…、
1ヶ月くらい前、警視庁の刑事さんから何度も電話があった。
「音田氏のことを書いた記事を削除していただけませんか?」
と、刑事さんは非常に紳士的な態度で鷲に言うのだ。

鷲も紳士的に釈明し、弁明した。↓
「最初は音田氏がシャープのことは書くな!と一方的に5回も
“命令”してきたこと。そのくせ鷲が反論すると、シャープ倒産
まで言い出し、さらに鷲の特許に関する虚偽情報を振りまくと
いう、名誉毀損どころか営業妨害まで始めたこと。
鷲の弁護士は音田を刑事告訴するべき!とまで言ってます。」

上のよーな説明を、鷲は、刑事さんに3~4回ほどした…。
そーしたら、刑事さんも…、
「ツイッターの記事を読むと、音田氏も問題ですね。まぁドッチ
もドッチと言った感じですな。」
と苦笑していた…。 警視庁のほーは、これでチョン。

ところが…、
その後、音田が(鷲に叩かれ狂ったんだと思うが…)、アチコチに
「飯山一郎が警視庁に取り調べられている。逮捕もある!」
と言いふらしている、メールも届いた…、という電話が来た。

さらに…、
きょうの『放知技』には、音田が楽天ブログに削除要請を出し、
結局、音田に関する記事は削除されることになった…、と。
その経緯(いきさつ)は、ココに書かれている

音田は、かなり慌てている。あせっている。
自分が撒いたタネを今頃になって大慌てで刈り取っている。

これは面黒くなってきた象
音田が削除要請した記事には、どーしても知られたくない!
鼠ーコトが書かれているんだ罠ー。きっと。
あーー知りたい! 裁判でもやっか!
2013/04/23(火)   タイムセール
「買って応援!シャープ!」の運動は、感謝感激の盛り上がり
でした。
皆さんのお陰でシャープは見事に復興しはじめ、株価も大きく
上昇、シャープ解体を狙ったハゲタカ外資や日経新聞の敗北
が決定しました。
「シャープも応援するけど、飯山センセも応援したい! 放射能
が減って…、自分の応援にもなるしね!」

と、たくさんの方々が鷲に電話をくれて励ましてくれました。
飯山一郎、感謝感激の至りです。心から礼を言います。

そのシャープ製品ですが…、
いま、Amazonでシャープ製品のタイムセールを開催中です。
プラズマクラスター空気清浄機 8畳用 FU-A30-W』が鷲のお薦め!
今なら11780円。これで『放射能ゼロ空間』ができます。
放射能なんて言わないで、親しい方にも薦めて下さい。
また、2台目用にもEーです。リーズナブルな値段です。

志布志の宿舎で、鷲は3台使ってます。喘息もちなので。
お陰様で、喘息の発作は全くないです。
ホコリがゼロ!放射能もゼロ!(0.02mS/h)という室内環境
は、ほんと、安全・安眠・安心の極みです。
2013/04/22(月)2  鷲は志布志のブラック・ソーラー
薩摩の黒豹 シャープのブラック・ソーラーには負けるが…、
今回、鷲も、性能を大幅にアップした。
ご覧のとーりだ。だから、今後は…、
薩摩の黒豹」 股は…、
志布志のブラック・ソーラー」と呼んでくれ!
ともかく鷲は変身し、「薩摩の黒豹」になった。
ファッションにも凝った。
さわやかなスカイブルーの褌。
生地は本物の日本麻! 麻以外はダメ蛇。
麻の褌で、雄々しくスック!と仁王立ちの鷲。
これを麻立ち(アサダチ)とUー。
余分な内臓脂肪を小食・粗食と運動と日光浴
で全て溶解・消化したので軽快で爽快な日々。
小腸内は完全発酵環境で、乳酸菌の天下!
この莫大な数の乳酸菌が栄養源となるので…、
食事は乳酸菌にエサをやる感じでEーのだ。
だっから、食費は1年前のなんと!五分の一。
じつは…、
長年の悩みだった持病の不整脈も完全快癒!
医者も手こずる難病を、自力で治したのだ。
こーして鷲は、いちはやく新日本人になった!
まったく新しい本当の日本をつくる第一歩だ。
“薩摩の黒豹”と呼んで猪ー大寝!
2013/04/22(月)   鷲は黒豹になる!
まことに突然ですが…、
皆様に御愛顧を賜りましたウエブ・サイト…、
色棒1
たたかう老人! 飯山一郎の ハッタリなしの 口演会場 . . 色棒2
これを
一身上の都合(飯山一郎の体質と心境の変化)に
より、下記のよーに改名する運びとなりました。
色棒1
薩摩の黒豹! 飯山一郎が 兵法を語る 口演会場 . . 色棒2
実際のところは「兵法」を語る能力など御座いませぬ
ので、せいぜい「喧嘩道」を喋る程度でしょうが…。

あ、飯山一郎が「たたかう老人」であることを止めると
ゆーことではありませぬ。

鷲は今後、「たたかう老人」ではなく、「薩摩の黒豹
として、命を懸けて闘ってゆく決意を固めました!

老兵は死なず、ただ消え去るのみ
(Old soldiers never die; they just fade away.)
と言いながら、実際は消えなかったマッカーサー元帥
みたいな生き方は、鷲は、したくないのです!

老兵も若き心身を持ちて、闘い続けるのみ!

飯山一郎、この精神で参りますので、何卒倍旧の
御愛顧を賜りますよう、伏して御願いを申し上げます。

        「たたかう老人」改め 薩摩の黒豹
2013/04/21(日)2 爺が小食・粗食のコツを伝授する!
放射能国家で生きる知恵ある国民は、豆乳ヨーグルトと玄米、
そして少食・粗食で生きていく! 生き抜いていく!このことを
しっかりと理解した仲間=同志が増えている。
鷲はヒジョーに心強い。嬉しい。

しかし…、
意志が弱い鼠か、覚悟が出来てない鼠か、「人間は食わない
と駄目、栄養失調になる…」 鼠ー古~い固定観念が捨て切れ
ず、腹がへってくると、つい食べてしまう、鼠シトも多い。

この食いたい! という卑しい根性は、どーしたらなおるのか?
爺が、その小食・粗食のコツを2~3伝授しよう!

 1.先ず朝食を抜く。これは簡単にできる。
   朝食は食べないほーがEー!という考え方を信じきって
   「朝食は食べないほーがEー!」と起床後に三回唱える。

 2.昼食前に豆乳ヨーグルト150ccと水150ccを摂取する。
   これでかなり満腹感がでる。 これでEー鴨!と思ったら、
   昼食を食べない。昼食を抜くと頭の回転が良くなり、午後
   の仕事がはかどる! という実感がもてればしめたもの。

 3.食べるときは、ご飯も、おかずも、味噌汁も! 良く噛む。
   ご飯は2百回噛みを目標に、ひたすら噛む。噛むことだけ
   を考えて、噛む。すると唾液で口の中が一杯になるが…、
   そーなっても唾液だけを呑み込み、ひたすら噛む。すると
   食べるご飯の量が普段の3分の1で満腹感が出てくる。
   こーして、ご飯の量を3分の1にしていく…。

まだ色々なコツがあるんだが、先ずは上の3つをやってみて猪。
必ずや、体質が変わり、メタボがなおり、体調が良くなり、風邪を
ひかなくなり、頭の回転が良くなり、視力が上がって、忍耐力が
増し、気力が湧き、体力向上、滋養強壮、家内安全、リーチ一発
ツモ!の確率も上がり、株も買えば上がり売れば下がるは保証
できないが…、やってみる価値はある!
いじょ。
2013/04/21(日) 腸内細菌が栄養源でパワー源!
日曜日。鷲は快晴の志布志に居る。
南国・志布志の太陽は、すでに初夏の輝きを放っている。
鷲は全裸になり、南国の強烈な太陽光線を全身に浴びた。
これで体内時計がリセットされ、タイムラグが調整される。
で日没後、焼酎の豆乳ヨーグルト割りをスキッ腹にちびちび
入れてから、梅干しと玄米ガユを食い、味噌汁を飲む…。
すると2時間後には爆睡状態!鼠コトになる。

あ、昼間の散歩、ウォーキングも忘れちゃいけない。
大股・早足で、そーだなぁ、8kmは歩きたい。
野の花が美しく咲いていたら足を止め、しばし眺める…。
そこで流れる汗をふいて、マスクをつけて深呼吸する…。
東京人が放射性物質を服につけて運んで来てるからなぁ。

そ~だ、不思議なことがある。
早足ウォーキングで衣服がビショ濡れになるほど、たっぷり
と汗が出たのに…、宿舎に帰って体重をはかると、0.5kg
ほど体重が増えている…。

衣服の重さを正確に計ると、500~700gほどの汗が出た
ことが分かる。この分だけ体重が減ったかな? と思う。

ところが、なんと、500gも体重が増加している!
体重が減るはずなのに、増えている!
これは、いったい、どーゆーことなのか?
説明しよう。↓

人間のカラダは、60兆個の細胞でできている。
そのカラダの腸内には、100兆個もの腸内細菌がいる。
この腸内細菌、増える時は、倍々の比率で増える。
抗生物質をのんだりして、ゴソッ! と減ることもある。

鷲のばやい、豆乳ヨーグルトのお陰で腸は、すこぶる快腸!
いや、快調! このため、運動で体温が上がって、血流が良く
なると、腸内細菌がドンドン増えてくる。
それは、おなかがゴロゴロと鳴ってくるので良く分かるのだ。

つまり…、
ウォーキングによって腸内細菌がべらぼーに増えてくる!
これが減るはずの体重が増える! ということの理屈だ。

鷲は、今、徹底した少食・粗食の低栄養・ミネラル食を実践
している。それも一日一食。
それでも体重は減らない。すこぶる健康で、快調で、爽快で
今まで休み休み上がった急坂も、休みなし、息切れなし!

鷲は、腸内細菌を栄養源・パワー源にして生きているの鴨…。
こりゃあ、鷲、まるでパンダだな!(パンダは腸内細菌で大きく育つ。)
散歩(ウォーキング)に行ってきます!
2013/04/20(土)2 来週は円が1ドル100円台になります!
G20(財務相・中央銀行総裁会議)は19日、日銀の大規模な
金融緩和策はデフレ脱却が目的と容認した。 (記事)

ハッキリ言えば、これは…、
黒田日銀総裁の「異次元緩和策」=円札刷り散らかし作戦
世界支配者様がお認めになられた、鼠コトだ罠ー。
これで、来週からの円安・株高は“国策”どころか“世界策”鼠
コトになるわけだ。

ま、20年ぶりのヌッポン・バブルのバルブが全開になるワケで、
バブルを知らない子供達までが浮かれ狂う瞬間が見られる鴨。

ところで今回の株高だが…、
欧米系のハゲタカは、M・スタンレーやゴールドマンセックスが
シャープ株のカラ売りで大損こいたよーに、大したことはない。

今回の株高で儲けまくったのは、じつは、中国政府系のファンド
なんだ罠ーー。

ファンドの名前は…、
『SSBT OD05 オムニバス アカウント トリーティー クライアンツ』
SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY CLIENTS

このチャイナ・ファンドは、2008年に日経平均株価が7055円
という最安値をつけた頃から、30兆円以上の大量資金を投入
して、日本の優良企業という優良企業の株を大量に買い始めた。

余談だが、チャイナ・SSBTは…、
シャープ株は、株価が最安値になった昨年(12年)から買い始め
るという超頭脳集団だ。
牛ー、M・スタンレーとかゴールドマンサックスなんてゆー毛唐の
禿鷹アタマは、リーマンショックの後遺症で認知症気味だしな。

今後は…、
相場の知恵と技術では江戸時代から世界一だった日本の相場師
と、中国算命学の超頭脳集団が 世界の相場を牛耳る鴨夜!

ともかく、日本株の最安値の段階から日本株を買いまくってきた
チャイナ・SSBTの利益は、実に70兆円を超えたとUー。

じつは、北朝鮮系のファンドも日本株を買い漁って来たんだが、
このことは書かないほーが身のためなので書かない。
…などと言いながら、アタマを掻く鷲。 (^^ゞ
2013/04/20(土) 戦争屋の謀略を止める政治家 (8)
「なぜ金正恩は日米韓を威嚇し、恫喝し、挑発し続けるのか?
不可解だ。その理由が分からない。自滅行為だろう。」
この程度の認識で、日米韓の多くの政治学者や評論家たちは
「北朝鮮の脅威」を語っている。
理由も原因も分からずに「不可解」を連発するってのは、知的
怠慢どころか知的退廃だ罠。(爆)

金正恩の威嚇・恫喝・挑発。この理由はハッキリしている。
「フォール・イーグル」と「キー・リゾルブ」。この米軍と韓国軍に
よる合同軍事演習において、米軍は激しい軍事的威嚇行動と
挑発行為を北朝鮮に対して行った。

それは、ステルス系の爆撃機や戦闘機を平壌(ピョンヤン)上空に
まで侵入させる!という常軌を逸した威嚇であり恫喝だった。
さらに沖縄からオスプレイを初参加させて上陸訓練まで行って
いる。

ここまで威嚇され恫喝されれば…、しかも相手は世界最強の
米軍である。普通の人間なら激しい死の恐怖で怯(おび)えあが
り、震えあがって超弱気になり、敵に降伏するか、大幅に譲歩
するか、あるいは気が狂って暴発してしまう…。

ところが! 金正恩は違った。

何と弱冠30才の青年は、世界最強の米軍を敵にまわし、
真っ向から本気で戦う!戦い抜く! どこからでも来い!
という強硬きわまりない激しい闘魂を見せたのだ。

そうして、金正恩は全軍に「先に手を出すな!」 と厳命する
一方で、自らは米韓両軍に対して激烈な攻撃を行っていた。

いったい金正恩は、どのような攻撃を行っていたのか?!
(つづく)

2013/04/19(金)2 世界支配者をブチのめす作戦!
いま、資本主義社会は、空からオスプレイで札束をバラまく
ように、刷りまくったカネがバラまかれてジャブジャブの状態。
これは、崩壊寸前の資本主義を延命させる愚かな治療でしか
ないのだが…、しかし、世界支配者は何とかなる! と愚かに
も考えている。

日本も世界支配者の了解を得たアベクロノミクスという、近い
将来に必ず墜落するオスプレイ・カネまき作戦を実行中だ。

悲しいことに、このバラまかれたカネは、社会の底辺どころか
中間層にも行き渡らず、株や債権を暴騰させるだけ。これは、
カラダの一部分にしか効かないバイアグラみたいなもので、
時間が経てば、哀れなほど萎(しぼ)んでしまう運命だ。

しかし今回、インポだったヌッポンもクスリを飲んだら、結構
効いてきて、この効き目は今年一杯は続きそーだ。
だから、ヌッポン株の勃起に合わせれば、株が分かるヒトは
Eーめを見られるはずだ。

ただし、今回の強引な株上げは、最終場面で大金をハタいて
飛びついてくるヌッポンの小金持ちの虎の子を掻っさらう!鼠
目論見も世界支配者にはある。

だっから、トーシローが我も!我も!と株に飛びつきだす場面
が、もしあったら(ある!)、世界支配者と同時に、鷲も大胆に
売りをかけてみよーー! と、タヌキ算に余念がない。

いや! 鷲は必ず当てる! 必殺売り作戦のタイミングを。

実際にシャープ株は、M・スタンレーやゴールドマンセックス等
ハゲタカ外資が大敗北、哀れ禿鷹になってしまった鼠ワケで。

だっから次の鷲の作戦は、世界支配者の売り崩し策を無効に
にしてしまう! というネット戦略を真剣に考えている。
これは実行開始までは、絶対的な極秘作戦でいきたい…。

それまでは、鷲の『シャープ株を一目均衡表で分析する』を
何気に見ていて欲しい…。

本日、鷲は、つぎのよーな解説文を書いた。
週末につき週足チャートを載せた。この週足、若い投資家の
諸君は目に焼き付けておいて欲しい。
潰れる!と囃され、ハゲタカ外資や日経新聞が企業解体まで
狙ったシャープが、難関を乗り越え見事に再生していく直前の
チャートだからだ。この確信は、上値抵抗線(UT)を一本引く
だけで確認できるのだ。
今後シャープは歴史に残る大相場になる!
民族銘柄=シャープの復興は、日本民族の矜持でもある。
諸君の応援に深謝したい。             (飯山一郎)
上の原文はココで読める。
鷲の株売買は、単なるカネ儲けではない! 鼠コトがお分かり
いただけるとおもう。
2013/04/19(金) 戦争屋の謀略を止める政治家 (7)
『戦争屋の謀略を止める政治家』とは、いったい誰なのか?

戦争屋の謀略=朝鮮半島で戦争を勃発させる策略。これを
見事に粉砕した政治家は、じつは、二人いる。
その二人の人物の名前を、きょうは、ズバリ!と言う。

アメリカ合衆国国務長官・ジョン・フォーブズ・ケリー(JFK)と、
朝鮮労働党第一書記・金正恩。この二人だ。

この二人の政治家(軍人でもある)が、米国戦争屋の謀略を
見事に見破り、それぞれが独自の戦略と得意な戦術を連発
して、朝鮮半島がイラクのように壊滅する事態を寸止めした!

金正恩の波瀾万丈かつ豪胆な「鬼手・鬼策」は置いておいて、
先ずは、ケリー(JFK)。
彼はイェール大学卒で、スカル・アンド・ボーンズに参加した。
このスカル・アンド・ボーンズを「秘密結社」として問題視する
ムキがあるが、陰謀論者の軽々しい誇大妄想だ。

イェール大学の教授、カール・ドイッチュ政治学博士が言って
いたが、会員名簿も公開されている普通の「親睦会」だ。
が、文字どおり極秘の秘密結社を隠す役割はしている、とも。
だだしイェール大学は、ペリーの黒船に研究者を同行させて
以来、極東の研究と情報では米国随一で、その「情報」次第
で、日本と極東の運命が左右されるだろう! と。

ケリー(JFK)を鷲が注目するのは、イェール人脈も猿事?ながら、
彼のベトナム戦争での激烈な実戦体験と、強烈なトラウマを
心奥にかかえた反戦運動家としての側面だ。

ケリーは仲間の退役軍人と共にワシントンの国会議事堂ビル
に、勲章(メダルとリボン)を投げつけて抗議行動を行った。
この程度なら普通の反戦運動家だ。しかし、ケリーの過激さ
は半端なものではない。

なんとケリーは、ベトナム戦争を継続する政府要人を暗殺して
クーデターでベトナム和平をめざす!という超過激なテロ組織
にも関与していた!

ともかく、凄まじい反戦運動の経歴をもつ男を、オバマは意図
して国務長官に据えたのだった。
その全米一の反戦政治家・ケリーは、国務長官就任前から、
米国戦争屋の北朝鮮攻略の全容を把握していた。
これは、戦争屋勢力の各所に紛れ込んでいるケリーの「仲間」
からの「諜報」によるものである。

ベトナム・アフガン・イラクからの退役軍人の過酷なトラウマ…、
この今も激しく痛む古傷を共有する彼らの「連帯」は、戦争国家
アメリカの国家的なトラウマでもある…。
(つづく)
2013/04/18(木)2   継続は生命力だ!
鷲は飽きっぽい性格なんだが…、ここぞ!というときは執拗に
挑戦し、闘いつづける。勝つまで闘いつづける。なにしろ鷲は、
たたかう老人”を標榜しているくらいの老闘犬だしな。(爆)
(ただし、負け!の予感がした時は、老闘犬も脱兎のごとく逃げる! www)

放射能が降りつづける国で、如何に生き延びていくか?
この闘いは、牛ー2年以上も続いている。

乳酸菌の培養、豆乳ヨーグルト、放射能ゼロ空間、シャープの
空気清浄機、サイクロン掃除機、乳酸菌風呂、九州の安全な
食品(米、大豆、茶、石鹸、イモ飴、水、豆乳、塩)の販売等…、
まーまーよくぞ老骨にムチ打って闘い続けているもんだY! と
我ながら感心している次第。

そのほか、シャープ株の解説サイトも1回も休んだことがなく…、
この『てげてげ』だって、1年365日休まず書きつづけている。

少食・粗食の食生活だって…、たまにはウナギを丸ごと一匹
餓鬼のごとくにムサボリ食っちゃうが、1週間に6日間は少食
粗食の一日一食を続けている。

それから、九州の安全食品を売る『ぽんぽこ笑店』の姉妹店も、
内之浦の魚志布志の乳酸菌豚肉熊本の有機野菜と、生鮮
三品が勢揃いしました!

そーそー! 熊本の有機野菜は、あの『ウンチャカ』というバンド
が沖縄から熊本にUターン疎開して有機野菜のネット・ショップ
を開店しました。どうか、鷲同様に贔屓にしてやって下さい。

あと…、
余った野菜や、肉や、魚は 爆裂!魔法の漬け物床に漬け込み、
よ~く発酵させてから食べて 猪ー大寝!
何事も執拗に継続する生命力が、必ず湧いてくるから!
2013/04/18(木) 戦争屋の謀略を止める政治家 (6)
世界の支配者は誰か? という議論がある。
何千年も前のルーツ探しをしたり、ロス茶だ 六フェラだと家系
や系図を調べたりする勉強家(ペダンチスト)が探求している。

だが、ペダンチスト達は静態的な分析ばかりで、ただいま現在
の「支配者」達の激しい指導権争い、権力闘争をダイナミックに
分析することはできていない。

たとえば、六フェラ家はディビッドが間もなく死ぬので、ジェイの
天下になる。すると世界支配の体位も劇的に様変わりする。

ヒラリーの首を切っただけで、米国戦争屋はアジアに大移動だ
し、その後のヘーゲルとケリーの主導権争いも気が抜けない。

そのヒラリー婆さんが次期大統領になる可能性大!と分析する
政治学者もいて、米国戦争屋は一縷の望みを託すとUーし…。

支配の主体と支配の構造は、ダイナミックに変遷するのだ。

さて今…、
世界を支配しているのは多国籍企業と言われる国際資本だ。
この国際資本は、「戦争屋系」と「平和屋系」。この二つに分類
できる。

「戦争屋系」は、国際紛争や戦争を儲けの手段にしている。
最大利潤は、戦争を仕掛けて一つの国の国家体制をツブして、
その国を丸々喰らい尽くす! この利潤と利権は巨大だ。
この手法でヤラれたのが、イラクであり、リビアであり、現在は
シリアがヤラれていて、次は北朝鮮だ!と 戦争屋は皮算用の
まっ最中だった。

その矢先に…、
朝鮮半島での戦争は駄目だ! ヘタな挑戦はするな!
と、待った!をかけたのは、もちろん「平和屋系」の勢力だ。

「平和屋系」には、金融系、商業系、工業系、農業系。様々な
勢力があるが、どれも「戦争で市場が混乱したり、通信網が
戦争で遮断されたりすると商売にならない!」という分野だ。
やはり…、
真っ当な商売(ビジネス)には平和で平穏な経済環境が必要!
鼠ワケだ。

(つづく)
2013/04/17(水)2 戦争屋の謀略を止める政治家 (5)
いま…、
アジアの政治・経済・軍事情勢を見る視点は、一つしかない。

それは…、
「戦争屋」の謀略によって戦争が勃発してしまうのか?
「平和屋」が「戦争屋の策謀」を止められるのか?
という視点だ。

60年前の朝鮮戦争のときは、「戦争特需」で日本は潤ったが
今回は違う。
今回、朝鮮半島で戦争が勃発すれば、政治、経済、国民生活
その全てが間違いなくメチャメチャになる。
今回は日本も戦場になり、あるいは標的になり、あるいはネット
通信網が破壊されて経済活動が止まり、社会の全ての分野が
大混乱! という事態になってしまうからだ。

なによりも、いまの日本は国家と社会の全体が戦争には弱い。
極端に弱い。何の準備も対策もできていない。覚悟もなければ
大義名分もない。放射能ダダ漏れに抗議する気概もないくらい
だから、戦争勃発の大混乱のなかでストレスが亢進し、病弱に
なって死人が増えるのが関の山。そーゆー国家社会なのだ。

だっから、「戦争屋」が勝つか? 「平和屋」が戦争を止めるため
に主導権を握れるか? このことは鷲たちの生活と人生にとって
大問題、鼠か死活問題なのだ。

死活問題とは、生き残れるか?死んでしまうか? ということだ。
まさに今、鷲たちは放射能と戦争という前代未聞の死活問題
に直面している。
政府自体が米国戦争屋の指揮下で戦争路線一直線だものな。
この未曾有の緊急事態のなかで、如何に生き残ってていくか?
この視点しか鷲にはないの蛇!

なんだってぇ? 鷲が、金正恩が好きでぇ、北朝鮮の味方だぁ?
バカ言え! 好きか?嫌いか?でしかモノを考えられない脳天気
に、冷徹な国際アナリスト・飯山一郎の哲学は分からんだろう。
カゲでゴチャゴチャ言ってないで、飯舘村にでも行って、放射能
たっぷり吸い込みながら、北朝鮮の悪口でも言ってろ! (爆)
2013/04/17(水) きれーなおねいさんのキレのEー啖呵
最近、鼠か昔から鷲の文章はダラダラと長い。
そこへいくと、あのオネーさんの文章は短くて、キレもEー。
文章、鼠よりアレは啖呵(タンカ)だ。
キレのEー啖呵(タンカ)鼠のは、ほんと、Eー罠ー。
さすが! 15万部も売れる本を書く姐さんだけのことはある。
こんなふーだ。↓
イラクもリビアも
アメリカとのマッチポンプじゃなく、
徹底的に脅され、脅迫され、悪者にされ、
ある日突然木っ端微塵

北朝鮮もそれを画策されている

マッチポンプだったと思わせるのは、
「だっだら、別に、攻撃は騒がなくても、いいんじゃね?」

と、無意識に思わせる。

実際問題、イラクもリビアも
絶対的な被害者なのに、
日本じゃみーんな知らんぷり

世界もだけど

これがどれほど恐ろしい状況か
わかっていない

次は、お前らにいつ爆弾が降り注いでも、
全然おかしくない、ちゅーこっちゃ    (原文)
読むうちに、胸がスカーッ! となってくる。
そーならないシトは
わかってない!
鼠こっちゃ
2013/04/16(火) 戦争屋の謀略を止める政治家 (4)
金正恩が2週間ぶりに姿を見せた。故 金日成主席の誕生日
=太陽節に当たる15日、金日成主席と金正日総書記の遺体
が安置されている錦繍山太陽宮殿を参拝したのだ。

金正恩は、昨日までの2週間、姿を隠していた。
この原因として、マスコミは、暗殺 軟禁 国外逃亡 心筋梗塞
糖尿病悪化 腎臓不全。はては、中国の医師団が平壌に派遣
され治療した…などと憶測と妄想と錯覚をゴッタ煮にしたガセ
情報を流しつづけた。

ま、これも、日本国民の人心を撹乱し、「敵国」の悪イメージを
植え付け、敵愾(てきがい)心と憎悪心を持たせ、戦争やむなし!
とする「世論」を作るための洗脳作戦の一環なのだ。

これをもっと簡単に言えば…、
ヌッポンのマスコミ鼠のは、米国戦争屋の下請け広報機関で、
国民の世論を誘導し、洗脳工作を行ってるワケ。

金正恩も今回ばかりは、米軍の挑発と、豚でもない軍事威嚇
に対応し、軍帥の常として姿を消して、米軍の奇襲爆撃のマト
にならぬよーに、ピンポイント攻撃のターゲットにならぬよーに
バンカーバスターも届かぬ高深度の地下基地から指揮を取り
つづけていたのだ。

金正恩を一発で仕留める! これに成功すれば、北朝鮮は
激しく動揺し、平壌(ピョンヤン)は呆気無く陥落! 間髪を入れず
米韓合同軍が北朝鮮全土を制圧、進駐し、傀儡に臨時政府
をつくらせる…。
これが米国ネオコンが金正日の時代から狙っていた究極の
作戦だった。

3月末。米軍はステルス爆撃機とステルス戦闘機を飛ばして
金正恩を威嚇し、無人機を飛ばして、金正恩の居所を執拗に
偵察していた…。

命を執拗に狙われた金正恩が爆裂の気合を込めて発信した
メッセージは…、
 ・ 韓国との休戦協定の白紙化予告
 ・ 南北不可侵合意の無効宣言
 ・ 休戦協定白紙化宣言
 ・ 第1号戦闘勤務態勢宣言
 ・ 南北通信回線遮断
 ・ 金正恩第一書記ミサイル部隊に射撃時機状態入りを指示
 ・ 南北戦時状態宣言
 ・ ミサイル開発続行宣言
 ・ 寧辺の核施設再稼働
 ・ 日本海方面にミサイル移動
 ・ 南北共同工作の開城工業団地入境禁止
 ・ 平壌の外国大使館に退避勧告
 ・ 米国、韓国全土、沖縄、横須賀がミサイルの攻撃目標
などなど、狂気とも思える「威嚇」と「恫喝」と「挑戦」だった…。

北朝鮮のレベルの高い軍事脅威を醸し出したのは米国だ。
このように断定したのは増田俊男氏である。(原文)
因果関係は、まさに増田俊男氏が指摘したとおりだ。

いったい何が原因だったのか?!
すべての問題について、因果関係をキチンと把握しないでモノ
を言うシトは、信用しないほーがEー! 鼠こってす。
以上が本日の結論。
2013/04/16(火) 嫌な悪寒
ボストンマラソンで爆発 2人死亡 負傷者100人近い情報
ボストンで開催されていたボストンマラソンのゴール付近で
15日午後2時50分ごろ、複数の爆発が起きた。
ボストンの警察当局によると少なくとも2人が死亡、23人が
負傷とのこと。100人近い負傷者と報じるメディアもある。
マラソン見物を楽しんでいる一般大衆を狙ったテロ!
絶対に許されないテロだ。

オバマは犠牲者への哀悼の意を示すと同時に、
「犯人を見つけ出し、必ず正義の裁きを受けさせる」
と訴えた。
米国は、オバマの手腕が問われる事態となった。

9.11はブッシュ一味の自作自演テロで、これをショック・毒
トリン(奇貨)として、ブッシュは米国を戦争国家・警察国家へ
と変えていった…。
オバマが、もし!ブッシュの手法を踏襲するとすれば…、
「テロは、北朝鮮の謀略グループの仕業だ!」
として、平壌空爆の格好の大義名分になる。
しかし、オバマはブッシュではない。
戦争屋と軍部の独走が懸念されるが…、ヘーゲルは阿呆で
も、ケリーがいる。彼が戦争屋の先走りを抑え切るだろう。

テロは、しかし、国家社会と時代を大きく変える。
米国が悪い方向に大きく変化していく…、そんな悪寒がする。
2013/04/15(月)2 シャープの再起は確実! ありがとう!
日本人が好き!日本の自然、風景、歴史、技術、みんな好き!
とにかく日本が大好き!という仲間が、力を合わせて応援して
きたシャープ。世界に誇る超ハイテク技術をもった民族銘柄・
シャープが本日、牛ーツブれない!ハゲタカ外資に解体され、
Eーとこ取りをされてしまう事態には、牛ー絶対にならない!
という株価水準になりました。

きょう、シャープの株価は一時400円台に乗せる勢いでした。
市場が「シャープは大丈夫! 再起する!」 と認定し、太鼓判
を押してくれたのです。

これは、いままで、日本が大好きな皆さんが、シャープの株や
シャープの家電製品を買って、全力で応援してくれた御蔭です。
ありがとう! ほんとうにありがとう!>みんな
これからも日本の民族企業・シャープを応援していこーね!

きょう、鷲が書いたシャープ株のチャート解説は、ココ です。
読んで猪ー大寝! すこしは勉強になる鴨夜!
2013/04/15(月) 戦争屋の謀略を止める政治家 (3)
「北朝鮮とアメリカは水面下では繋がっている…」と憶測する
シトが結構いる。

この憶測は、さらなる妄想を呼んで…、
「北朝鮮とアメリカは、ナァナァの八百長相撲をやって、故意に
戦争前夜のよーな緊張状態をつくりだしている…」
などと、さもワケ知り顔で得意そうに話す。

しかし、これは、70年近くも戦争の厳しさを知らない脳天気な
ヌッポン人のゲーム感覚でしかない。

そら、米国も英国もイスラエルも、そしてヌッポンも、秘密ルート
を北朝鮮との間に常に確保してある。
 (鷲に入っている情報では、日本の皇室も北朝鮮ルートをお持ちだ。鷲でさえ
 「北朝鮮ルート」を確保してある。北朝鮮も、薩摩の怪僧など諜報員がいる。)

これが諜報活動というものだ。謀略工作というものだ。
諜報は一見ナァナァの八百長に見えても、相手を殺して抹消
する謀略活動の前哨戦だ。
この殺すか?殺されるか? このギリギリの騙し合いの厳しさ
が見えないシトの論説は、生ぬるいゲームの解説でしかない。

西欧列強、とくに戦争屋の論理は簡単だ。
お前のモノはオレのモノ。早く寄こせ!出て行け!さもなくば
殺す! これだけだ。
この論理で、イラクのフセインは抹消され、リビアのカダフィも
殺された。
そして、いま、シリアのアサドが殺されかかっている…。
米国の戦争屋は、次は北朝鮮に同じ手を使う! と北朝鮮は
そー思っている。そー確信している。

3月末。米韓合同軍事演習で、米国戦争屋は米軍を使って
F22ステルス戦闘機(ラプター)と、B2ステルス戦略爆撃機で
ピョンヤン上空を急襲させ、急降下・急上昇を繰り返し、その
凄まじい轟音(ごうおん)と、激しい衝撃波による恐怖の恫喝を
加えていた。同時に空母テニソンと何隻かの原潜を北朝鮮
の沖合に侵入させていた。

この米国戦争屋による激烈な軍事的挑発行為の目的は…、
北朝鮮の軍事的反撃を誘うためだ。
そして、もしも北朝鮮が米軍の挑発に乗り、局地的な発砲を
含め、何らかの反撃を行った瞬間、これ奇貨として一気呵成
平壌空爆!

同じ頃…、
金正恩は米軍の挑発には乗らず…、先に手を出すな!
全軍に厳命を発令していた。

しかし、北に送ってある特殊工作員が思わぬ場所で局地的な
発砲事件などの「騒ぎ」を起こすことはワケもないことである。
まして、平壌(ピョンヤン)にまで戦闘機を侵入させた威嚇攻撃に
金正恩が反応しないはずがない。(と、米国戦争屋は読んでいた。)
実際、金正恩は、F22ステルス戦闘機(ラプター)B2ステルス
戦略爆撃機のピョンヤン急襲を返り討ちにし、撃ち落とすため、
対空ミサイルの発射装置のロックを解除させた…。
さらに…、
米軍基地をミサイル攻撃する「火力打撃計画」に署名した。

事態は、米国戦争屋の必死の先走りと、金正恩の強硬姿勢に
よって風雲急を告げていた。
まさに一触即発! 未曾有の緊急事態である。

ここまでの緊張事態に誘導した米国戦争屋は、まさに大成功!
鼠ワケだが、「軍部の独走」を知った米国政府の中枢は焦って
いた。いまの米国には戦争などをするカネがないからである。
「この事態は止めなくてはならない。打開しなくてはならない」
と、米国政府の中枢は、打開策の検討をはじめた。

しかし…、一触即発の事態を打開する策はあるのか?
(つづく)
2013/04/14(日)2 戦争屋の謀略を止める政治家 (2)
戦争国家=アメリカ。この国を支配し、巨大な軍事利権を享受
しているのは戦争屋 (軍需産業、軍隊、政府の軍事部門、軍事ロビースト)
たちだ。これがアイゼンハワーが懸念した「軍産複合体」だ。

ところが!たびかさなる戦争と「敗戦」で、世界最強、世界一
豊かだった流石(さすが)のアメリカも、巨石がゴロゴロと河を流れ
て、やがてタダの石コロなっていくよーな流れ…。

強固な石材で万里の長城を築いた秦の始皇帝も、その巨大な
軍事防衛費によって国家が疲弊していった…。アレと同じだ。

そこへ突如、リーマン・ショックによる金融崩壊が発生する。
アメリカはみるみる衰退する。これ、まさに河童の川流れだ。

いまは、ドルを刷りまくって、株式を強引に高騰させて、何とか
メンツを保っているが、いつまで持つか? 分からない…。
いつ “財政の壁”が崩壊するか? 分からない。

そこでアメリカは、先ず軍事予算を大幅にカットすることを決め、
戦争屋のトップに居座っていたヒラリーの首を切って追放する。
この結果、米国の戦争屋たちは米国のなかではオイシイ商売
ができなくなってしまった。

そこで戦争屋は考えた…。アジアで緊張を煽って、戦争前夜の
噴霧器にして、一儲けしよー! と。
この拡声器、鼠か喧嘩イヌとして、石原慎太郎とか前原誠司が
使われた…。この犬たち、キャンキャンとよーく吠えてくれた。
ヌッポンのテレビ局も石原慎に呼応して、よーく吠えてくれた。
すると、たちまち極東にはキナ臭い煙が立ちはじめた…。

しかし尖閣騒動を起こしてはみたが、中国(さすが孫子の兵法の本家)
下鷹、鼠か上鳶(とんび)で、ナイやアーミテージやM・グリーンが
訪中するや、逆にオドシて追い返す始末。今のアメリカでは歯が
立たず、ミサイルも立たない…。

そこで米国の戦争屋は「攻撃対象」を変更した。
ニューターゲットは、ノースコリア。北朝鮮である。
(つづく)
2013/04/14(日) 戦争屋の謀略を止める政治家 (1)
アメリカという国家の本質は、「自由」や「民主主義」ではなく、
「戦争国家」ということである。
アメリカ合衆国の根幹をなしているのは、「戦争」なのである。

そもそもアメリカという国は、建国のときから、「戦争」によって
国家の独立を勝ち取っている。これが8年以上もの間、英国と
激しく戦って勝利した「アメリカ独立戦争」だ。

アメリカ合衆国が世界一豊かで、世界最強の覇権国家に成り
えたのも、「戦争」によってだった。
それは…、
第一次世界大戦、第二次世界大戦。世界中が戦場になった
二つの世界大戦争のとき、アメリカだけは無傷だった。
このとき、アメリカは、それこそ世界中に武器弾薬、軍需物資、
工業製品など、ありとあらゆる物資を輸出して世界中からカネ
と富を集めて、世界一リッチな覇権国家に成り上がった…。

まさに戦争さまさま、戦争は儲かるのである。
さらに、戦争、あるいは軍事力の威圧と戦争によって、世界
は意のまま(万事如意)になる! (と、アメリカは思い込んだ。)
そーして圧倒的な軍事力をバックに「世界の警察官」を気取り、
世界を支配し始めた…。まさにグローバル、歴史上最大規模
の軍国主義国家の誕生でR。

軍国主義国家は、政治、経済、産業、全ての面において軍事
が優先する。そーゆー体制になる。
実際、アメリカは、そーなった! そーなってしまった!
これが、アイゼンハワーが最大の懸念を示した「軍産複合体」、
つまり、戦争屋 (軍需産業、軍隊、政府の軍事部門、軍事ロビースト)
が最大権力を握り、国家と世界に君臨する体制だ。

こーしてアメリカは、アイゼンハワーの懸念どおりに、軍事力を
バックに、世界中で緊張を煽り、戦争を起こしていく…。
しかし第二次世界大戦以降、朝鮮戦争以外は、ことごとく失敗
する。とくにベトナム戦争の「敗戦」は痛手だった…。
しかし、戦争屋が実権を握る国家体制が出来あがってしまって
いるアメリカは、ベトナムでの敗戦に懲りず、アフガンやイラクで
またもや戦争をはじめる。が、これも失敗…。

いま、アメリカの戦争屋にとっては、アジア、とりわけ北朝鮮との
戦争は、ラストチャンス!
だから、必死になって緊張を煽る。煽りまくる。
しかも、煽れば煽るほど、カネのある日本や韓国が武器・弾薬
を買ってくれる。ミサイル防衛システム(MD)も買ってくれる。
なんと! オスプレイまで買ってくれる。
これほどオイシイ商売はない!
(つづく)
2013/04/13(土)2 いまどきの若いもんは…
週末は働く女性からの質問電話が多い。
一週間分の家事をかたづけて、ホッと一息し…、
「そーだ、豆乳ヨーグルトをつくっておこう!」
となるんだそーだ。
でも…、
「今朝の米とぎ汁が発酵してないし…、どーしたらEでしょ?」

で、鷲は教えてあげた。↓
「一番早い方法は…、豆乳に玄米粉を1割ほど混ぜ、よーく
振ってからタッパーに入れて、湯沸しポットの上などに置いて
温度かけておくと、5~6時間でヨーグルトができるよ。」

「玄米粉はどこで買ったらEーの?」
この質問にも、鷲は答えてあげた。
「玄米粉は“ぽんぽこ笑店”の玄米粉が最高だね!」
と答えると、「どーして?」 と訊くので、鷲は…、
「だって、鷲が指導してつくった乳酸菌米を、鷲が精米所に
もって行って、粉(コナ)にした玄米粉だもの!」

「“ぽんぽこ笑店”の玄米粉、売り切れたんじゃないのー?」
と、テキは痛いところを突いてくる。鷲は…、
「あれは注文殺到と、大量買いの客が多すぎたからで、今は
大丈夫だよ。大量買いは遠慮してもらってるしね。」

「あと、飯山センセ、豆乳はどこのメーカーがEーですか?」
この質問には、鷲としては…、
「そりゃ、あーた、飯山一郎ブランドの“ミラクル豆乳”だね!」
と答えるっきゃない。だって、鷲の自信作だもの。
さらに…、
「飯山一郎ブランドの“ミラクル豆乳”はアマゾンで買えるよ!」
と付け足すと…、
「アマゾンでの買い方が分からなくて困ってます…」
鼠ことを言うので、またまた鷲は親切丁寧に教えるハメになる。

アラフォーが70才近い爺ちゃんにネットのことをクドクドと訊く…。
まったく! いまどきの若いもんはどーしよーもない脳ー。
昔は、ヒトに訊かずに、先ず自分で勉強したもんだY。
ブツブツ…。
2013/04/13(土) オバマ、北朝鮮攻撃を容認か?
北朝鮮の最近の「威嚇」や「恫喝」は、あまりにも異常である。
異常なほど好戦的な北朝鮮の姿勢には、原因と理由がある。
それは、米軍がステルス爆撃機やステルス戦闘機を北朝鮮の
首都、平壌(ピョンヤン)にまで侵入させ、凄まじい轟音(ごうおん)と、
激しい衝撃波によって「威嚇」し、「恫喝」したからである。
金正恩は、このアメリカの威嚇攻撃を評して…、
「米国の狂気じみた戦略策動」
と述べている。 (この「狂気」という激しい言葉の意味に注目したい。)

アメリカという国家は、ここまでヤルのである。
実際、アメリカは、リビアのカダフィの居所を狙ってミサイルを
発射し、さらに大量の爆弾を投下して重爆撃している。
アメリカは、他国の領土に侵入して軍事攻撃を仕掛ける乱暴を
平然と行う国家なのだ。
そのよーにして、イラクがヤラれ、アフガンがヤラれ、シリアが、
いま、メチャメチャに破壊されつつある…。
そーして、その国をメチャメチャに破壊して、奪えるモノは全て
奪っていく…。そーゆー国なのだ。アメリカという国は。
(そーいえば、アメリカという国家の領土自体、暴力で奪い取ったものだった罠。)

「アメリカは、次は、北朝鮮を狙う!」
と、北朝鮮はズーッと考えてきた。
 金正日将軍も常に狙われ、脅迫されてきた。だから…、
 核(タングステン水爆)の開発に全力をあげてきた…。
 核は絶対に放棄できない! リビアやイラクのよーになる…

このよーに北朝鮮はズーッと考えてきた。
だから、絶対に北朝鮮は「核」を手放さないだろう。

だったら、北朝鮮に対して軍事攻撃を仕掛ける!
最近、こー思い始めたのは、なんとオバマだ。
先週、オバマは、
   「今こそ、北朝鮮は好戦的な手法をやめるべきだ。
   誰も朝鮮半島での紛争を見たくない」 (記事)
として、話し合いによる解決を示唆していたが…、
今週になると…、
   「米国や同盟国の日韓を防衛するため、
   必要なあらゆる措置を取る。」 (記事)
と、軍事攻撃の可能性を示唆するよーになった…。

こーしてオバマが土俵に上がってくるとなると、行司が必要に
なる。
本来なら日本が名行司になるべきなのだが、この国は米国の
番犬なので、失格。
となると、プーチンか習近平ということになるのだが、プーチン
はシリア対策で、アッチ向いてホイ。

で、消去法で習近平ということになるのだが、習近平は奇策で
もってヒラリー婆さんを中国から追っ払ったよーに、豚でもない
策略を披露するだろう。
アッ! と世界中がビックリするよーな事態になる鴨夜。
2013/04/12(金)2 これが今の北朝鮮問題の真実だ!
鷲は、牛ーー1年以上もの間、テレビを見てない。
馬鹿になるから脳ー。あと、悪魔のよーな支配者に、Eーよーに
洗脳されて、ウソの情報を信じこまされてしまうから脳ーー。

そのテレビだが、いま、北朝鮮の核実験やミサイル発射を非難
しまくってる鼠ー話を聞いた。

非難して、非難して、非難しまくって、北朝鮮は悪だ! とゆー
イメージを国民に植えつけ、米軍による北朝鮮空爆を正当化
し、日本の全ての米軍基地を、平壌(ピョンヤン)空爆のための
ステルス爆撃機の発信基地にする! …これが米国戦争屋の
広報機関=ヌッポン・テレビの役割だ。

ともかく!米国戦争屋は、危機を煽り、戦争を勃発させるべく、
鬼神のよーな謀略を実行中だ。

この世界最強の米軍が、戦争屋軍団の策略にマンマと乗せら
れて、北朝鮮を空から猛爆撃したら、いったいどーなるか?
あの美しい街、平壌(ピョンヤン)は灰燼(かいじん)に帰してしまう
だろう。もちろん、金正恩や横田めぐみさんも…。

ヌッポン・テレビは、北朝鮮が挑発してる!の、威嚇してる!の
と、一方的で一面的なネタばかり流しているが、本当は違う!

田中 宇氏も、次のよーに書いている。↓要点を抜粋する。
米国は、北朝鮮の国境付近で韓国と合同軍事演習をやり、
米軍は演習の一環として、核兵器を搭載可能なB2ステルス
爆撃機を北朝鮮の国境すれすれに飛ばし、北朝鮮に対する
これまでにないほどの挑発行為を行った

ロシアはめずらしく、北朝鮮を挑発する米国に対して
「統制不能になって戦争が起きる可能性がある」
と警告を発した。
米国は毎年、北朝鮮のすぐ近くで韓国と軍事演習をやって
いるが、ロシアが警告を発するのは異例だ。

米国は以前から北朝鮮を挑発してきたのであり、今回の件は
めずらしいことでない…。
だが今回は、従来よりはっきりしたかたちで米英マスコミが
一触即発観を醸し出しているし、ステルス機の飛来など、
米国が危機を扇動している感じが強い(本文)

米軍が一方的に北朝鮮を挑発し、威嚇している!
これが実態なのだ。戦争屋の真実の姿なのだ。

オリのなかのライオンを、鉄の棒で突っつき回す!
そんなコトすりゃ、ライオンも、「ガオーッ」って怒鳴る罠ー。
北朝鮮の、あまりにも異常に見える「挑発」や「恫喝」ってのも、
殺される! と思う恐怖感が発した「抵抗の叫び」と考えれば、
合点がいくだろー。

実際に、米軍が北朝鮮に対して行った恫喝と威嚇の実態は、
国際法完全無視の、常軌を逸した軍事攻撃に近かった。
それは、こういうことである。↓

3月末。米軍は、F22ステルス戦闘機(ラプター)と、B2ステルス
戦略爆撃機でピョンヤン上空を急襲して急降下・急上昇を繰り
返し、その凄まじい轟音(ごうおん)と、激しい衝撃波による恐怖
の恫喝を加えていた。
この恐怖の秘密作戦には、流石(さすが)の金正恩も肝を冷やし
たことであろう。

この直後、金正恩は、『戦略軍米国本土攻撃計画』を発表し、
ミサイル部隊に「待機命令」を出し、さらに、「休戦状態」を自ら
破棄する「南北は戦時状態」との特別声明を出した…、と。

しかり! 北朝鮮は、いま、まさしく戦争状態にある。
戦争状態とは、生きるか?死ぬか? 殺すか? 殺されるか?
その死の恐怖の最中(さなか)にある! ということなのだ。

何を言ってもEー。どんな論評でもしたまえ。
ただし! 迫り来る放射能の致命的な危機の報道も出来ず…、
米国の言うがまま、呑気で、脳天気なヌッポン・マスコミの退廃
だけは隠せない。

牛ー鷲は一生テレビは見ない。脳味噌が腐っちまうから脳ーー。
2013/04/12(金) シンプル・ライフ
「泣こかい 飛ぼかい 泣こよか ひっ飛べ!」という薩摩弁
の諺(ことわざ)がある。
意味は、「あれこれ迷ってないで、さっさと行動しなさい!」
この言葉が鷲は好きだ。鷲の性(しょう)に合っているからだ。

「義は言うな!」という薩摩弁がある。
意味は、「屁理屈こねたり、だらだらとした議論はやめろ!」
この言葉も鷲は好きだ。鷲の性(しょう)に合っているからだ。

鷲は毎日、しょもないことをゴチャゴチャと書き散らしている
が、その全てが、実は、行動のための実践論なのだ。
であるからして…、
鷲の文章を読むヒトも、何かを実践するか?しないか? この
選択を迫られる!鼠ことになる。
豆乳ヨーグルトにしても、唐辛子粉の漬け物床にしても、ヤル
のか?ヤラないのか? と、鷲は読者に実践を迫る。
シャープの空気清浄機にしても、サイクロン型掃除機にしても、
買うのか?買わないのか? と、鷲は読者に買い物を迫る。

「米とぎ汁ってのは、米を洗った汚水でしょ? きたない!」
なんてことを池田香代子が言ったらしいが、そんな米の文化
も知らないよーな阿呆者はヤラなきゃEーだけ。
鷲は、そんなニンゲンとはゴチャゴチャとした議論はしない。
「ヒトがヤッてることに文句つけるな!」 それだけの話。
鷲は頭が単純で、性格が淡白なので話は早い。(爆)

放射能は危険か?危険ではないのか?なんて議論も真っ平
ごめんだ。
鷲は致命的に危険だ!と思うから、真剣に対策を講じるし…、
危険じゃない! と思うシトは飯舘村へ行って空気吸ってろ!
「ヒトがヤッてることに文句つけるな!」 それだけの話。
簡単でしょ?!
これを英語で言うと、シンプル・ライフ、鼠の鴨。(爆)

2013/04/11(木)2  真実情報を求めて… (2)
日本人の大半は、マスコミがつくった情報で世界をみている。
こんなふーな感じだ。↓

北朝鮮は不法なミサイルや核実験で近隣諸国を脅しまくり、
国内は貧困どころか餓死者が続出するヒドイ国である…。

リビアは北朝鮮みたいな非民主的な独裁国家なので、国民
が立ちあがってカダフィ独裁政権を倒した…。

イラクのフセインは、大量殺戮兵器を装備した危険な国なの
で多国籍軍と民衆がフセインを攻め倒した…。

ところが…、
実態は全く違う! 真実が完全に隠されてしまっている…。

たとえば、カダフィのリビア
この国は、本当に素晴らしい国だった…。
こんなふーな感じだ。↓

カダフィの時代。リビアでは新婚世帯に5万ドルの住宅購入
補助金を支給、失業者には公共住宅を提供、車購入の際に
は補助金50%を支給し、すべてのローンは無利子、さらに
所得税もゼロだった。水道や電気、医療費は無償なうえに、
国内で必要な治療が受けられない場合は外国での治療費
と渡航費までもが援助されるシステムだ。カダフィは、特に
教育政策に力を注ぎ、初等教育から高等教育、さらには、
大学まで全てを無償化した。

どーです?
こんな素晴らしい国だったのです。カダフィのリビアは…。

サダム・フセインのイラク。
この国も、大半の国民は仕合せだった…。
こんなふーな感じだ。↓

フセイン政権は独裁と批判されながらも中東トップレベルの
教育、医療、食料政策を施していたのだが、それはレーガ
ノミクス以降の米国を遥かに凌ぐ高度な水準であった…。

あの世界一豊かな国だ!と皆が思っている米国よりも遥か
に豊かな高度な福祉国家を築きあげていたイラク…。
いま…、
イラクの街という街にバラまかれた劣化ウラン弾の放射能に
よって、バタバタと人々が死にはじめている…。

いったい何故に斯様な地獄絵図が地上に現出するのか?

その理由を深く掘り下げ 「世界の悪の構造」を、これでもか!
というほど描ききり、説明しきった人物がいる。
日本人である。名は 響堂雪乃
この人物の著書は、以下の2冊。
世界と日本の悲劇的な実態を構造的に分析しきった! その
レベルの高さは、世界最高峰でR!(と、藤原肇博士も激賞していた。)
とにかく、寝る間も惜しんで読んで欲しい。>皆の衆

   1. 『略奪者のロジック』 (三五館)

   2. 『独りファシズム』 (三五館)
2013/04/11(木)  真実情報を求めて… (1)
新聞やテレビがタレながす情報は、ウソっぱちだ!
こう思う人が増えている。これは過去二年間の顕著な傾向だ。
このことは、鷲のHPのアクセスや、鷲への沢山の電話などで
鷲は実感できている。

ま、新聞やテレビは国民を洗脳するためのツール!なので、
ウソの情報が多いことは当然のことだ。
それは、東電福島の原発事故の真実を隠して、ウソの情報を
タレながしてきた過去2年間の経緯からも明々白々だ。

マスコミのウソは原発事故だけではない!
食品の安全性から国際情勢まで、そのほとんどがウソっぱち
で、本当のことは隠して報道しない! これがマスコミなのだ。

では、いったい、本当の情報はどーやって知ったらEーのか?
とゆーことになる。

過去二年間、鷲は、真実情報を発信するために全力投球して
きた。
さらに同志と相談して、『文殊菩薩』とか『里子のブログ』を立ち
あげてきた。お陰様で大変に好評で『文殊菩薩』は先週、何と
500万アクセスを突破しました。 \(^o^)/

牛ーーテレビや新聞なんか、見ないし、読まない!『文殊菩薩』
と『里子のブログ』に満載の真実情報を読む!これだけで充分!
こういう声に支えられて、鷲のスタッフは充実の日々です。
ご愛読、ご声援、本当に、ありがとうございます。 m(__)m

しかし欲を言えば…、
鷲たちの発信源は、真実情報が満載! とは言っても、やはり、
真実の断片にすぎない、こういう懸念もあるのだ。

いまの世界の有り様を、もっともっと深く、構造的に把握する!
こういう本物の知的作業が必要なのだ。
世界の真実はこーだ! これからの日本はこーなる! このこと
を深く掘り下げ、世界と日本の「内部構造」を明確に論じ切った
情報が、間違わずに生きていくためには何としても必要なのだ
が、そんな優れた知的作業の成果は、広い情報界を見渡して
も、ない! と言ったほーが早い。

ところが、灯台下暗し! じつは、あったのだ。
(つづき)
2013/04/10(水)3   蟻が10匹!

国民の健康を守るために、気象庁は「中国から飛来する黄砂
に注意して下さい! 外出も控えて下さい!」と、黄砂予測図
を発表した。

スイスの気象会社の「大気拡散予測」みたいに動画ではない
し、な~んかウソっぽいし…、黄砂もPM2・5も、じぇんじぇん
アレに比べれば毒蛇ない!って学者もいるし、もし毒だったら
中国人が大量に死ん蛇ってるはずだし…、でも、ま、気は心
鼠こともあるし…。
とにかく、ま、気象庁さん、596ーさん。ありがとーね。

あと、安倍晋三総理も、北朝鮮によるミサイル発射に備えて、
国民の生命・安全を守るために全力を尽くす!
鼠、有り難いお言葉。
アレの対策にも全力を尽くしてポチイ! 鼠ヒトもいるけど…、
でも、ま、気は心鼠こともあるし…。
とにかく、ま、安倍晋三総理、毎日596ー様。蟻が10匹寝!

2013/04/10(水)2 人間の体内には六つの心臓がある!
豆乳ヨーグルトは乳酸菌密度がべらぼーに高い。
1cc当たり数億個の乳酸菌が生きているのだ。
この生きている乳酸菌がたっぷりの発酵食品を多くの日本人
が自宅でつくるよーになった。
スーパーで売っている乳酸菌少々のヨーグルトなど買わなく
なった。これは革命である。乳酸菌革命。

で、豆乳ヨーグルトを食べる。
すると、腸のなかが腐敗から発酵状態に変わる。
乳酸菌が腸内に棲みはじめ、イキイキと生きはじめる。
そーなったとき、腸内の「パイエル板」という小さな器官には、
マクロファージやNK細胞といった免疫細胞が増えてくる…。
この免疫細胞こそが、病気をなおし、病気にならない体質を
つくる「体内の医者」だ。←この医者は世界一の名医だ。
そのへんにいる医者の大半は、藪(ヤブ)か、土手(ドテ)だ罠。

腸の近くで大量に増殖した免疫細胞。これは全身に運ばない
と、“宝の持ちぐされ”だ。
マクロファージ、NK細胞といった免疫細胞。この宝物を全身に
運んでくれるのは血液だ。

血液の流れ、これが血流だ。
血流をつくるのは、体内にあるポンプの役目だ。

人間の体内には、じつは、六つのポンプがある!

「エーーッ! ポンプってのは、心臓だけじゃないのぉ?!」
なんて言うシトは、アレだ、認識が甘い!

それ蛇、その六つのポンプを以下に列挙する。

  1.心臓: 急坂上がりウォーキング
  2.脹脛(ふくらはぎ)=第二の心臓。: 大股・早足ウォーキング
  3.横隔膜=第三の心臓。: 1時間に1回、深呼吸。
  4.気力: 何事も気張ってヤル!すると血行が良くなる。
  5.笑い: ひたすら笑う。怒りたい時も笑い飛ばす。
  6.足上げ自然流下:一日一回 ゴキブリ体操。

ポンプ名の右側の説明は、それぞれのポンプの鍛え方ね。
どのポンプも鍛えて実践すれば、血流がグーンとアップします。

さらに言うと…、
ヒトがより健康になるには、心臓というポンプだけでは、血流が
充分ではない。血行不良になりやすいのだ。
だっから、あと五つのポンプを毎日鍛えながら、活用する!
すると…、
なおらない病気、医者がつくった病気、自分がつくった病気も
みるみる治ってしまう! とゆーことになるワケ。

癌細胞を呑食し、病原菌や病原性ウイルスを食いまくって病気を
なおしてくれる免疫細胞(マクロファージやNK細胞)を、血流を良くして
全身に漲(みなぎ)らせれば、みるみる健康になり、治らない病気も
治ってしまう! 鼠こと。

上のことをシッカリ理解し、実践していくヒト。
このヒトたちが『新日本人』(発酵人間)となって『新日本』をつくる!
だっから…、
気張って生きていこーな!>皆の衆
気張って生きていけば、血流も良くなるしさ! な!!
2013/04/10(水)   血流こそ我が命
仏教は、「老・病・死」を三大苦(三つの大きな苦しみ)と言った。
が、しかし、「老」と「死」は、じつは、大した苦しみではない。
人間は楽しく老いられるし…、病院通いをしなければ、楽に
死んでいける。

健康を害して病気になる! この長期間つづく苦しみほど辛く
苦しいことはない。病気とは、生き地獄なのだ。
だから、何が何でも病気にならないような生き方が必要だ。

健康は、免疫力(マクロファージ)をアップすれば維持できる。
免疫力のアップには生きた乳酸菌たっぷりの豆乳ヨーグルト
が何と言っても一番だ。

もうひとつ大切なことがある! 真剣に聞いてほしい。
それは、血流のことだ。
血流こそが 命の証(あかし)! ということだ。

血流が止まれば人間は死ぬ。「死」とは血流が止まることだ。
逆に、血流が盛んであれば生命力が増す。
いきいきと健康になる。気力が体中に充満して元気になる。

漢方医学では、血流がとどこおることを瘀血(おけつ)という。
この鬱血(うっけつ)や血行障害こそが万病のモト!という考え方だ。
まさにその通りで、鬱血した部分には炎症が発生し、血行障害
によって体温が下がり、免疫力が低下し、全身に障害を生む!

血流の大切さは、病気のヒトにこそ当てはまる。
だから、病気のヒト、病弱な方、よーく聞いてください。

豆乳ヨーグルトを食べて免疫力(マクロファージ)をアップする、
この時、血流が盛んであれば、マクロファージは血流に乗って
全身に運ばれる。
癌であれば、その患部にマクロファージやNK細胞が届く!
患部に到着したマクロファージは、ガン細胞を呑食しはじめる!
この呑食(貪食)が2~3ヶ月も続けば、どーゆーことになるか?
癌が消える! この奇跡は、じつは、簡単に発現するのだ…。

問題は、どーやって鬱血や血行障害を取り除き、全身の血流を
活発にしていけばEーのか?! これである。
このことについては、客が見えたので、接客がすみしだい書く。
ご容赦のほど。
2013/04/09(火)2 ワイルドだぜぇ~
昨日の夕食のメインディッシュ=シシ肉を少し多めに食べた
せいか、放屁のにほいが変わった。
放屁のたびにシャープの空気清浄機がフルスロットルで回り
だすので、きょうの鷲のオフィスの空気は非常に清澄だ。

肉を多食すると、腸内にウェルシュ菌などの腐敗菌が元気に
なって腸内腐敗が進行する。これが大腸ガンの原因だ。
が、唐辛子粉の漬け物床で発酵させた肉は、多めに食べて
も腸内に腐敗菌が増えるということはない。

そーゆーわけなので、きょうの鷲の放屁は、健康な野生動物
の体臭のよーな、ワイルドなかほりだったのでR。
自分の放屁のにほいを、鼻をクンクンさせて楽しむ! こんな
香道=アロマテラピーがあるとは思わんかった猫ー。

ここで「へー!」なんて感心しないで猪ー大寝。
では、さよおなら。
2013/04/09(火) 何でも発酵させてから食べて猪(ちょ)
猪肉
爆裂!魔法の発酵 漬け物床に、最高級のシシ肉
=猪の肉をナマのまま漬け込んだ。見事に発酵した。

メスのイノシシ、それも処女! これが最高のシシ肉らしい。
その最高のシシ肉をナマのままで爆裂!魔法の漬け物床
に漬け込んだ。この発酵床は、ヌカ床よりもはるかに強力だ。

唐辛子の粉玄米粉ダシ汁アミの塩辛を入れて完璧に
発酵させた漬け物床は、生の肉も4~5日で完全発酵する。
こーなると、牛ー腐らない。何年でも保存できる。

だから鷲は、肉、野菜、魚、ハム、果物、乾物、野草。何でも
ブチ込んで発酵させてしまう。
すると、長期保存ができるだけでなく、放射能に強くなる食品
に変身しちゃう!ってんだから、心づよいこと、この上なしだ。

で、唐辛子粉+玄米粉の漬け物床(爆裂!魔法の漬け物床)で
1週間ほど念入りに発酵・熟成させたシシ肉を、鷲は、直火で
焼いた。焼き方はレア。

タンパク質というより、アミノ酸のまろやかな味と舌ざわり!
野生の肉ってのは、こんなにも甘くてジューシーだったのか!
イシヅカ! テレビのヤラセ料理とは、全く全然ちがうぞー!
くーー、まいう~! 鷲は舌の味蕾細胞を全開にして、心いく
まで処女肉を味わった…。

シャープの空気清浄機がブンブン回っていて、ホコリ一つ舞い
飛んでない清澄な空気を深呼吸しながら、鷲は仕合せだった。

放射能国家で生き延びていくためには、発酵環境で発酵食品
を食べる! これが必須条件だ。これは聖フランシスコ病院から
はじまった「放射能国家の伝統」だ。

聖フランシスコ病院には空気清浄機はなかったが、今はある!
みなさん、シャープ してますか?!
(長嶋茂雄先輩、国民栄誉賞、おめれろ!)

猪肉
爆裂!魔法の発酵 漬け物床に、最高級のシシ肉
=猪の肉をナマのまま漬け込んだ。見事に発酵した。
これをレア気味に焼いて食べた。 最高! まいう~!
2013/04/08(月)2 生命力を上げる「腎兪(じんゆ)」というツボ
腎兪
腎臓疾患だけでなく、胃腸疾患、精神疾患、肺疾患、脳疾患など
あらゆる疾患に適用できるツボです。 (by 「養生法の探求」氏)

腎兪(じんゆ)というツボがある。
パソコンを長時間やって腰が痛くなり、頭がボーッとボケた時、
鷲は、腎兪(じんゆ)を指圧する。
上の写真のよーにして…。

すると、あらあら不思議、頭がスキッ!となって腰痛も治る…。
な~んでか?
それが分からないまま、鷲は、腎兪(じんゆ)を指圧してきた。

ところが、『放知技』で今や人気絶頂の「養生法の探求」氏が
見事な解説をしてくれたのでR。

腎兪(じんゆ)というツボを、指圧や鍼(はり)や灸(きゅう)で治療
すれば、「先天の精」が湧いてくる。
「先天の精」とは現代生理学的に解釈すれば、腎臓と副腎が
産生するホルモンで、副腎皮質ホルモンであるミネラルコルチ
コイド、グルココルチコイドなど、全身のミトコンドリアを活性化
する。
ミトコンドリアを賦活する腎兪(じんゆ)への治療が、生命力を
上げるのは必然でR! と「養生法の探求」氏は断言するのだ。

これだけではない。
いま、「養生法の探求」氏が治療している御婦人は抗ガン剤の
シスプラチンの害作用で頭髪が全て抜けたが、腎愈に16種類
の生薬を配合した棒灸を使った温灸を施してきたら、体温低下
も起こらず、末梢神経のしびれも今では気にならないレベル。
髪はいっせいに春の息吹で、今生え始めているという。

で、「養生法の探求」氏の次の言葉が素晴らしい。

  抗ガン剤投与の毒作用を中和する東洋医学の
  威力を今ひしひしと感じる次第です。
 【原文】

ともかく、いま、『放知技』の「有益そうな健康法を語るスレ」は、
健康や病気のことを真剣に考えなければならない放射能国家に
生きる鷲たちにとって、ほんとうに重要な宝庫になってきた。

養生法の探求氏や、さすらいの旅人氏、ギリス氏、ロズウェル氏
といった賢者たちが繰り広げる会話や議論は、どれも必読でR。

それから、養生法の探求氏のブログも、必読にして熟読! という
素晴らしい内容で、鷲はウナりどーしだった。

腎兪(じんゆ)については、さすらいの旅人氏が、すんげー楽しい
動画を紹介してくれた。下のヤツでR。↓べんきょーになるよ!
2013/04/08(月) ネットゲリラが描く この国のカタチ
ネットゲリラが「今の日本という国家の姿」を鋭く描いている。
彼は、どこから見ても本物のモノ書きで、おちゃらけた文章も
面白いが…、ズバリと国家社会の矛盾に斬りこむ時の舌鋒の
鋭さと、短文に篭める気合いの迫力と筆力は、実に見事だ。
以下に彼のブログを復元した。熟読されんことを。(飯山一郎)
ネットゲリラ
カネの為なら命も要らぬ
野次馬 (2013年4月 7日 06:17)
実は、福島では除染が遅れに遅れている。おいらの関係で作っている「自動的に放射線量をサーバーに送る」測定器も、そのためにまだ売れていない。つうか、「自動的に放射線量をサーバーに」送られては困る向きもあるようで、どうしても一度、ニンゲンの手によってデータを書き写さないと気が済まないらしい。それがどういう意味を持っているか、まぁ、説明するまでもない。とにかく、ひたすら被害を小さく見せたい人たちがいて、必死で抵抗しているわけです。汚染は大したことない、除染すれば元通りになる、と、そうでないと困る。アーアー、聞こえない、聞こえない。本当の事が知られたら、東電の補償額は何十兆円にも及ぶ。再稼働に必死の自民党にとっても大打撃。54基ある原発を動かせず、全て廃炉にするとなったら、とんでもない費用がのしかかって来るし、そうでなくても「資産」が「不良資産」に転落するので、日本中の電力会社が倒産してしまいます。全てはカネです。カネのためなら、国民がどれだけ死のうが、関係ない。それが今の日本という国家の姿です。 原文
真実
元日経の確かな科学担当論説委員の著作。

 特に、第7章「事故調が調べなかった原発のリスク」で、統計的な原発の過酷事故の発生の確率が日本では10年に1度ぐらいある可能性が高いこと、それにもかかわらず、老朽原発を動かせば動かすほど利益が大きくなることから、電力会社は老朽原発を長期に稼働させる禁断の蜜の味から逃れられないことを示す。

 また、第8章「アカデミズムとジャーナリズムの罪」で、いまだに東電をしっかりと追求できないマスメディアのていたらくと、地震予知などできないことは国際的な常識なのに、東大地震研究所を筆頭とする地震学会ムラが、予算にむらがるなかで、国民に間違った幻想を与えた予知研究を断念できないで、国民の血税をむさぼっていることを痛烈に批判する。
2013/04/07(日)2  安穏な井戸のなかの呑気なカエルたち
え、何だって? ミサイル飛ばしたり、核実験を強行したり…と、
北朝鮮がマッチで火をつけて、アメリカに消火ポンプの出動を
たのんでいて…、これは北朝鮮の「ご主人様」の命令だ?!

上のよーな妄想にひたるシトがいるかと思うと…、
北朝鮮は米国の「お敵様」の役をしていて、CIAと「お敵様」は
なぁなぁのプロレスごっこか、八百長相撲をしている関係だ!
とかと、まーまー色んな解釈や主張があって、日本のネットや
論壇は、ほんと、呑気でEーねー。

これって…、
70年近くもアメリカの優良な植民地として、大切にされたり、
可愛がられたり、巧妙・狡猾に搾取されたり、時には自分から
自発的に50兆円も貢いじゃったりと、呑気で平和なヌッポンの
なかで生きてきたシトの、井戸ガエル的な考え方なんだ罠。

呑気に安穏と生きてきたら、隣の家に突然ヤクザが越してきて
恐ろしいツラにダミ声で、「アンタの土地を売ってくれ!高く買う
し、決まったら高価な骨董品の日本刀を御礼に上げたい。 牛
その日本刀は隣の家に置いてあるし…」などとスゴマれて鼠か
オドされて、泣き泣き土地を手放し、郊外へ引っ越していった、
その跡に今の新宿や渋谷や池袋の繁栄がある…。

国際社会はもっともっと厳しくて、情け容赦なく追っ払われるか
殺される。
イラクのフセインがそーだったし、リビアのカダフィも殺された。
今、アメリカの戦争屋は、北朝鮮に同じ手を使おうとしている。
少なくとも、北朝鮮はそー思っている。そー確信している。
だから…、
窮鼠猫を噛む(きゅうそ ネコをかむ。 きゅうチュー ニャーを噛む 蛇ない)みたいに
なってしまうのも当然だべなー、と鷲は思うワケ。

2013/04/07(日) 鷲の英語の先生は、チャタレイ夫人。
鷲は、受験勉強をしたことがない。
高校時代は、生物学の先生と山歩きをし、学校には行かずに
ヒッチハイクばかりしていた。
高校に入るときは2番の成績だったが、卒業試験はビリに近い
成績。ま、おなさけで卒業させてもらった、鼠ワケ。

鷲の母校は、県立真岡高校というバンカラで有名な男子高校で
女生徒はいなかった。
弓田瑞穂という変人校長が、県下から奇人教師ばかりを集めた
ので、授業らしい授業は受けたことがない。

漢文、世界史、英語の教師が口を合わせたように、
「オレの授業は教科書を使わない。教科書は捨てろ!」
と命令するので、鷲は教科書を本屋に返品に行ったっけ。

漢文の先生には、教科書の代わりに李白と杜甫のガリ版刷り
の詩集を渡され、一年間、これだけを白文で読まされた…。
あ、漢文の斎藤先生のお嬢様は、鷲と同級で、真岡女子高校
に進んだが、すげー美人だった。
いまは、新潟県で一番大きなメガネ屋さんの会長さんらしい。

世界史の大兼先生には、教科書を捨てたあと、薄い岩波文庫を
一冊渡された。書名は『ソクラテスの弁明』。1年間、これだけ。

英語の先生には、ソローの『森の生活』(WALDEN or LIFE IN
THE WOOD)を渡されて、『チャタレイ夫人の恋人』も読め! と
言われたが、アレは『森の性生活』といったオモムキだったなぁ。
これだけは英語の小倉先生の家まで押しかけて、スラングの
意味を教わったりして、先生と「一緒懸命」に勉強した…。

だっから、鷲の高校は受験勉強をヤレる環境ではなかったので、
鷲は、かろうじて大学には入れたが、受験勉強を必死にやった
連中とは話が噛み合わず、浮いていた…。

あれから40年! どこにも就職せずに、変人・奇人とばかり付き
あってきたので、相変わらずマトモな勉強はできず仕舞い。
だっから鷲などは、「常識人」から見れば「非常識」なボケ老人。

その非常識なボケ爺さんの文章を喜んで読みにくる読者っての
も、これまた変人・奇人のたぐいだ罠ー。
誰かって? いま、コレをニヤニヤしながら読んでる ア ナ タ に
きまってるでしょーがぁ! (爆)
2013/04/06(土)2 日本利権列島!
放知技タイトル
鷲が『放知技』に書き込んだ文章の内容が、ショッキングだ!
と、詳細な内容と真偽を確認する電話が多くて閉口した。
閉口した鼠のは、情報源を訊いてくるシトが多かったからだ。

鷲は、普段はおしゃべりなほーだが、ヒト様のプライバシーや
内部情報の情報源は、命を懸けても秘匿(ひとく)する。
そうでないと信用されないし、情報がもらえなくなってしまう。

だけど、きょうの電話は、鷲の国家機密的な情報が正確!
だと、妙に符合するスジの方と話ができて有意義だった…。
どんなスジの方か? これも絶対に言えないが…。

あ、そのショッキングだ!という鷲の書き込みは、奄美大島に
住む方からの質問に答えたもので、↓次のよーな文章だ。
奄美の大島海峡は、旧海軍の時代から軍事利権勢力が
注目してきた絶好の自然要塞です。
大島海峡の要塞化及び空母の母港化について、鷲は
HP上で小出しに書いてきました。
奄美、特に瀬戸内町の「関係者」は情報が少ないらしく、
鷲のHPを頻繁に閲覧しています。
何か感じるところがあるのでしょう。

軍事利権勢力(自衛隊を含む)は、大島海峡の海底構造
を含む調査と測量をすでに完了しました。
あとは根回しと予算化のテクニックが残るだけです。

放射能を避けるために米軍は横田・横須賀から撤退して
いますが、横須賀に代わる空母と原潜の母港を築造する
案を(極秘に)提示することは、米軍に歓迎されるだけで
なく、米軍の「寵愛」を受けることになります。
このことは、馬毛島を米軍に提供する案を突然言い出して
現実化した北澤元防衛大臣が防衛(利権)族の最右翼の
地位を確保したことを想起して下さい。

防衛利権勢力にとって、地元の首長などは最初は五月蝿く
ても、最期は小ガネと、小利権(「基地内にお店を出させて
あげる…」)で何とでもなるので、情報が操作されながら
出されることは、馬毛島周辺の各自治体首長の態度の変り
ようを想起すればよろしいかと…。

とどのつまり…、
日本側からの尖閣挑発(前原による中国漁船拿捕、石原と
野田による尖閣国有化)は、この20兆円以上もの大島海峡
要塞化の軍事利権と、米軍との共同利権を構造化するため
の一大謀略であり、しかも、それが見事に成功している!
という一連の流れを見破る洞察力と思考能力の問題でしょう。

                            飯山一郎夜狸

PS なお、上の流れは鹿児島全域を、沖縄に代わる対中国・
   対北朝鮮の一大軍事基地にする壮大な軍事謀略の
   一環である、と申し添えます。   原文

上に書いた鷲の「洞察」は、賭けてもEーが、当たるだろー!

さらに無残な予測をすれば…、
日本という国の国富国益は、軍事利権族の戦争屋と、東北
復興に群がる土木利権と、原子力資本と、調整役の高級官僚
に収奪され、食い荒らされ、ソレは亡国まで続いていく鼠ワケ!

なお、国富には、国民の生命と健康と財産が含まれるのであり、
それが、いま、被曝や貧困や殺人医療という形で食い荒らされ
ている現実…。すでに日本は国家としては亡国状態なんだ罠。

2013/04/06(土) いま『放知技』に哲人たちが集合中!
放知技タイトル
きょうの土曜日、鷲は 『放知技』 を熟読するつもりだ。
いま、『放知技(ほうちぎ)』という掲示板が大変に好評だ。

それもそのはずで…、
さすらいの旅人、養生法の探求、ギリス、シカゴ・ブルース、
ロズウェル、好気性菌主体の乳酸菌 といった、そうそうたる
“読ませる書き手”が、読ませる書き込みをしている。

「さすらいの旅人」という筆力のある書き手は、乳酸菌培養と
健康の話で幅広い読者を集めてきた。
ただ、「さすらいの旅人」氏は、『放知技』のアチコチに沢山の
書き込みをするので追いかけるのが大変だ。 (笑)

凄い!鼠か、おカネを払っても読んでみたい! と思うのは、
「養生法の探求」という筆名(ペンネーム、HN)のオヤジだ。
このオヤジは静岡の鍼灸師で、その博学な知識と医療哲学
には命が救われる思いがして、読むうちに安心感が広がる。
それは…、
“西洋医学の致命的な駄目さ”を、東洋医学が救ってくれる!
という安心感でもある。
ためしに、「養生法の探求」氏の↓次の文章を読んでほしい。
南洋のニューギニアの方々はなかなかガッシリとした
筋骨隆々とした体格をしています。
ところがパプア族の皆さんは魚や獣肉をほとんど食べ
ず、普通は食事の96.4%がサツマイモです。彼らは
平均して毎日約2グラムの窒素(タンパク質にして10
から15グラム)を摂取しているに過ぎないのですが、
糞便と尿から排泄される窒素の総量は、この摂取量の
約2倍近くになるのです。アレ、おかしいな。
帳尻があいません。
とすると排泄される半分の窒素は身体のどこかで合成
されていなければなりません。
実は食物と一緒に飲み込まれる空気中の窒素が、腸内
細菌によってタンパク質に合成されこれが体内で利用さ
れているとの説があります。
1970年、オーストラリアのバーガーセンとヒスプレイは、
サツマイモを常食としているパプア族の糞便を調べ、
窒素ガスからタンパク質を合成(空中窒素固定)する
細菌として、クレブシュラ、エンテロバクターなどを分離
しました。
このような細菌はブタやモルモットからも分離されていて
酸素環境を好む好気性細菌です。
この窒素固定菌によって作られた菌体タンパク質は腸内
で消化吸収されていると推測されます。
ってことは、空気から腸内細菌はタンパク質を作りだして
いる、となります。
なんか人体には燃料いらずの永久機関めいた部分もあり
ますね。物を食べないでもある程度は生きていられるのは
腸内細菌の同化作用のおかげと言えるのでしょうか。
いやはや腸内細菌サマサマですな。【養生法の探求 (2013/04/03)】
どーです? 少食・粗食の方、すごく安心するでしょ?!
とにかく今、『放知技』を読んでみて下さい。とくに…、
気が向いた時に有益そうな健康法を語るスレ
このスレッドは、ほんと、必読です! はい。
2013/04/05(金)2 戦争屋のマッチポンプ商売
北朝鮮が「暴走」しミサイルを発射したら大変だ!と、政府は
地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の配備計画に余念がない。

中国の「侵略」にも備えなきゃならん!と、総排水量が4万トン
近い巨大な航空母艦(ヘリ空母)が、間もなく2隻も就航する。

馬毛島の軍事基地化は決定事項だし、奄美大島を航空母艦
の母港にし、対中国防衛の要塞化計画も着々と進行中だ。

ミサイル、戦闘機、航空母艦にイージス艦、大量の武器弾薬
にMD(ミサイル防衛システム)。空母の奄美要塞築造には20兆円も
かかるというし、やがて鹿児島には北朝鮮や中国を攻撃する
ステルス爆撃機の飛行場までできる! と、鹿屋市あたりでは
ささやかれている。

まーまー売れるわ売れるわ!いや、買わされるわ買わされる
わ! マッチ代わりの石原慎や野ブ田に火をつけさせただけで
たちまち極東は戦争前夜みたいなモノモノしい噴霧器。

ほんと、たまりませんなぁ! アジアでのマッチポンプ商売は!
2013/04/05(金) 戦争ほどオイシイ商売はない!
世界は常に困難な問題にあふれ、危険をはらんでいる。
その原因、経過、現状分析と対策について、評論家、専門家、
はては野次馬までが議論に参入し、百家争鳴になる。

庶民は、世界がどーなっているのか? 皆目分からない。
じつは、評論家も専門家も、実際は、何も分かっちゃいない。
自分が何も分かっちゃいないことが分からない評論家も多い。

とくにマスコミは、公平をよそおいながら不公平な憶測を書き、
それは、世界支配者の意向にそった巧妙な記事になる。
その記事は、真実を隠した世論誘導と洗脳工作の催眠術だ。

さて…、
世界が激動する原因と理由は、いたって簡単である。

   戦争をおこせば…、殺して、奪って、略奪できる!

これだけである。
やれイルミナティだ、シオニストだ、影の支配者の策謀だ!
などという陰謀論は、憶測と妄想でしかない。

その時々、戦争を仕掛ける勢力が現れて、国際緊張を煽り、
戦争を仕掛けていく…。
このダイナミズム(力学)で世界は激動する。
それだけのことだ。

一触即発の状態まで高まった中国と緊張関係も同じ力学だ。
先ず、戦争仕掛け人(噛み付き犬)が、中国に噛み付くのである。

前原が尖閣沖で中国漁船を追いかけまわして拿捕したのも…、
石原がヘリテージ戦争財団の指令で尖閣買収を煽ったのも…、
野ブ田が胡錦濤に会った翌日に尖閣国有化を強行したのも…、
ぜーんぶ国際緊張を煽り、あわよくば戦争を勃発させるための
噛み付き=仕掛け!鼠ことなのだ。

では、いったい、なぜ? ヤツらは戦争を仕掛けるのか?
これも簡単な力学である。
戦争になれば、殺して奪って略奪できる!大儲けできる!
戦争ほどオイシイ商売はない!鼠ことなのだ罠ーー。
2013/04/04(木)3 ウナギ、うまかったで~す!
一尾鰻04
♪ きょうのウナギはデカかったぁ。あとは小食に戻るだけぇ~。

『志布志・味人膳(あじぜん)』の「ウナギ一匹丼」。
これを馳走すると、客は皆おーよろこびで満足してくれる。
鷲の舌も、胃袋も、腸も、皆おーよろこびで満足している。

昼食後、志布志のグルンバ乳酸菌培養設備を見学してから、
『志布志・和香園』の最高品質の「あらびき茶」をふるまった。
これまた皆おーよろこびだった。

客が帰ったあと、鷲は、岡林信康の、
  ♪ きょうの 仕事は つらかったぁ~
を替え歌にして、
  ♪ きょうの ウナギは うまかったぁ~
と、ご機嫌で歌いながらバリバリ仕事をした。

最近、ほぼ一日一食にしてからは、消化吸収のために使う
大量の血液が胃や腸には流れず、脳や肺臓に回っている
ので、だいぶボケがなおり、頭の回転も良くなってる感じ。
なにより、体力鼠か、馬力が出て、急坂を駆け上がっても
まったく息切れしないのだ。

ところが、きょうの夕方、急坂を駆け上がったところ、途中
で息切れしてしまった…。

明治時代。あるガイジンが乗る人力車の車夫が痩せている
わりにはビックリするほど馬力がある…。
肉を食わせればもっと馬力が出るだろーと、肉を食わせたら、
すぐにフーフー言い出し、ヘタってしまったんだ、と。

この話を思い出しながら、坂の途中でフーフー言ってた鷲…。
さぁ明日からは、また少食・粗食、百回噛みで生きるぞ!

2013/04/04(木)2 ウナギ食ってきます!
きょうは来客多数。
ウナギの一匹丼が食べたい!」という
客の要望で、6名の客を「味人膳(あじぜん)」にお連れする。
だから鷲もウナギをご相伴しなきゃならない。 \(^o^)/
この1ヶ月、鷲は一日一食で生きる人間になれたワケだが…、
きょうの昼食のウナギのために、昨日は一食もしなかった。
にんじんジュースは3杯も飲んだが…、しっかしまぁ、体調は
ベスト! 同じ年の息子も、まぁ、まーまーだ。(爆)
そんじゃ、ウナギ食ってきます!
2013/04/04(木) 癌の宣告をする病院が激増中!
元気一杯、国内ツアーに毎月参加していた78才の爺ちゃんが
たまたま検診を受けたところ癌が見つかり、早期手術が必要!
と言われた、と。

爺ちゃん本人は、「イヤだ!」 と言ったのだが、医者から説明を
受けた家族が…、
「爺ちゃん! 癌は早期発見・早期治療が鉄則だ。早く入院して
悪いところを取ってもらおう!」
と、家族総あげでヤンヤヤンヤの説得だとゆー。

「飯山センセ、どーしたらEーでしょ? 豆乳ヨーグルトで治る?」
と、爺ちゃんの友人から相談された鷲…。

同じよーな相談が山ほど来るので、鷲は、最近、ゲンナリだ。
なぜゲンナリか? は、あとで書くとして、↓鷲は答えた…。
爺ちゃんは、癌じゃない!
たとえ癌だとしても、78歳の老人の癌は進行が遅い。
放っとけば旅行にも行けるし、余生が楽しめる。
手術なんかしたら、そのまま寝たきりになって終わり!
だから絶対に手術しゃダメだ。
それより、牛ーその病院には行かないことだ。
念のため!ということで、別の病院で再検査をするよー
に家族を説得するのも手だ…。
これと同じよーな話を、鷲は何十回したか分からない。

この際だから、大声で断言しておく!
いま、ガンの宣告がモノすごく増えている。
これ、全部、カネ儲けのためだ! (きっぱり!)

癌を治せる病院なんて、ない!
切除して、抗癌剤(猛毒)飲まして、放射線を当てる…。こんな
患者の死期を早める荒療治しか出来ない悪魔の医学!

政府も、官僚も、病院さえも、国民を殺しにかかっている日本!
この国は、悪魔や殺人鬼や魑魅魍魎が跋扈する地獄の国家だ!
そー思い、そー覚悟して生きていこう!>皆の衆

鷲も、じつは、胃のポリープが悪性の癌だ!と宣告されたこと
がある。
7年前のことだが、鷲は、その病院とは絶交した。

そーして…、
鷲は、自力で免疫力を高め、毎日運動をして汗をかいて、血流
を高めた…。
三ヶ月後、鷲の胃からはポリープが消えて、何の痕跡もない!
これが、医者の言うがままに手術を受けて、抗癌剤を服用して
いたら…、たぶん、今頃は墓の中!鼠ことだった罠。

病気は病院でつくられる。その典型が癌という病気だ。
「癌です!」 と言われたら、牛ーその病院には行かないこと!
これが長生きの秘訣です。おぼえておきましょう。
2013/04/03(水)2   真性の4月馬鹿
副島隆彦氏が、またまた阿呆なことを言っている。
預金封鎖があるから、早く銀行に行って預金を引き出して、
現金にして当座の生活費を確保しなさい!! と、エイプリル
フールのヨタ話かと思ったが、真性の4月馬鹿みたいだ猫。

あのシト、一昨年の12月、明日にも野村證券がツブれる!!
と大騒ぎをして、鷲に徹底的に論駁された。狼老人なんだ罠。

まぁ、放射能が危険だから逃げろ! と叫んでたと思ったら…、
次は一転して、「放射能は危険じゃない。福島に戻ろう!」と
福島の子供たちにまで帰郷を呼びかけるカネレオンだし…。

 カネレオン:カネのために言うことヤルことをコロコロ変える腐れ虫。
        カメレオンとは別種

まぁ、ユダ金がキプロスで一大金融騒動を起こしたワケだが、
あれは、ロシア人の莫大な余剰資金を略奪する「強盗行為
だった。

日本の場合は、強盗みたいなコトをしなくても、安倍総理大臣
が今回も自発的に50兆円ものカネを米国に差し出したよーに
何だカンだと、今までの60年間に2千兆円もの大金を、ミツギ
に貢いできた。

だから、急々に荒っぽいことをすることなんて必要ないワケ。
日本という妾ヲンナは、ヒモにだけは忠実な馬鹿ヲンナなの
で、ヒモもヲンナを殴るよーなことは絶対にしないの!

ま、預金封鎖ってのが全くない!とは言えないし、預金封鎖
も、凄まじいスーパーインフレの可能性もある。そーゆー世界
になりつつあることは、覚悟しといたほーがEー。

だっけど、副島センセのよーな狼老人が騒いだからといって、
あわてふためいて銀行に駆けつけるよーな ドタバタ野郎
だけはならないで寝!>皆の衆

2013/04/03(水) 笑う門には福来たる!
悪気流
春が来たのはEーが、日本列島に吹き込んでいた偏西風が
やんで、巻き風が吹きはじめた。

大気拡散予測を見ていただきたい。
巻き風が、東電福島の原発が出している放射性物質を、東北
関東甲信越一帯に運んでいることが分かるから…。
きょうの早朝から午後にかけての気流の流れは、良くない。

鷲たちは、牛ー自己防衛するしか生き延びる方法はない。
この自己防衛は、黙って実行し、静かに行動することだ。
放射能の「ほ」の字も言う必要はない。
言っては駄目だ。言っても無駄だ。嫌がられるだけだ。
人間、ついシャベりたくなる。
「放射能に気をつけてね!」 などと。
だが、分かってないシトには何をどー言っても通じない。
通じないのに、ベラベラとシャベり続ける…。
これは嫌がられるだけだ。
牛ー今の世の中、下手にシャベらないほーがEーのだ。
シャベらないで、黙って、静かに行動する。
これが、いまの時代(放射能国家)の賢明な生き方だ。
4月。外出するときは必ずマスクをすべきだ。
「花粉症がヒドくて…」とか言いつつ、「クション!」と、ワザと
クシャミをしてみせる演技力。これも上手に生きる技術だ。

4月。春を堪能しに散歩などしたいが…、やめたほーがEー。
牛ーそんな環境ではないのだ。この国は。

4月。この月は、なるべく『放射能ゼロ空間』に籠るべきだ。
空気清浄機をブンブン回して、部屋の床や壁を徹底的に拭き
掃除をし、こまめにサイクロン掃除機をかけ、豆乳ヨーグルト
や発酵食品を食べて免疫力(マクロファージ)を上げて、ヒマを
みてはスクワット運動で足腰を鍛えながら…、巻き風が止む
日を、ジィーッと待つ。
これが『新日本人』=『耐放射能人間』の生き方だ。

4月。昔の4月は良かった…。
あのウキウキとした春4月は、牛ーもどっては来ない。
すべてを諦めるべきだ。人間、諦めが肝心なのだから…。

すべてを諦めたあとに、いったい何が出てくるか?
鷲のばやいは、なんと!笑いと元気蛇った。
ワハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハーーー!
意味もなくワラっちゃってるうちに、元気が出てきたの蛇夜。
だから、みんなも、『放射能ゼロ空間』で、一人馬ッ鹿みたいに
ワラってみたらEー。
だって、今のヌッポン、ワラッちゃうほかないでしょがぁ。
で…、
最初は作り笑いでも、そのうち、ほんとうに可笑しくなってくる。
そのうち自然に元気も出てくる。鷲はヤル気まで出てきた!
笑う門には福来たる!って、本当のことなん蛇夜。
信じてくれ!>皆の衆 (爆)
2013/04/02(火)2  「どーせ買うなら…」に嬉し涙
「どーせ買うなら飯山センセから買おうと、麻の実買いました!」
こーゆー電話が、しょっちゅうかかってくる…。
何とも有りがたい気遣いに、鷲は、感謝しきれない。
鷲は何という果報者なのか!と、感激で一杯になる。

しかも!である。
たーだモノを買ってくれただけではない。
『放射能ゼロ空間』と『発酵食品』で自己防衛する時代!
という考え方に賛同し、共鳴し、実際に実行の日々を過ごす。
こういう仲間同志が物すごく増えた!と
いうことに、鷲は、感謝・感激だけでなく、心強さ、頼もしさを
感じるのだ。
そして、日本民族は生まれ変われる!とも思うのだ

実際…、
『放射能ゼロ空間』で眠り、『発酵食品』を食べて、免疫力を
大幅にアップさせ、体質と精神(心身)を徹底的に改造した
『新日本人』=『耐放射能人間』が生まれはじめている。

「飯山センセー! 驚くほど健康になってます!」
こういう電話が今年になってから著しく多くなったことで、鷲は
『新日本人』=『耐放射能人間』の誕生!を確信している。

それにしても…、
買い物で雑踏に出ないで、ネットショッピング!というヒトが
激増している。
(放射能)時代はネットで買い物! これが常識になったの鴨。
その証拠は、鷲のネットショップの先月の売上げだ。
先月も売上げ1千万円を超えたのだ。
しかも、売れた商品の数が、3000点以上!
これは大変なことです。
何かが変わって、何かが始まっています。
頼もしい仲間(『新日本人』)が増えている! 鼠こと鴨。

ほんとうに ほんとうに ありがとう!>皆の衆
今月も、なにとぞ宜しくお願いします。m(__)m
3月の売上げ
2013/04/02(火) 核を排除するために、核をつかう!
B2
米朝が激しく威嚇しあっている。

北朝鮮は口先だけで吠えまくっている。
いっぽうの米国は最新鋭の戦闘機や爆撃機を韓国に続々と
集結
させ、武力を誇示しての実質的な威嚇でR。

北朝鮮の武力挑発があれば、一気に北朝鮮を殲滅する!
北朝鮮の核を排除するために、核の使用も辞さない! と、
アメリカは、北朝鮮をオドシまくっている。

核を排除するのに、核をもってする。ヘンな理屈だ猫。鼠こと
は、アメリカはどんな屁理屈でも通してしまうワケだ猫。
大量殺戮兵器を排除!という名目で、その国に大量殺戮兵器
を持ち込み、その国をメチャクチャに破壊してしまうことも平気
でやってきたし…。

実際、米国の戦争屋軍団は「北朝鮮を殲滅するチャンス!」と、
北朝鮮全土への爆撃開始を必死で画策している。
これに金正恩の北朝鮮が激烈に反応して、吠えまくっている
心理は、激しい恐怖心なのだ。
鷲は、金正恩の恐怖心が理解できる!

さすがに、ここにきて、「アメリカの軍事威嚇は一方的だ!」 と、
中国とロシアが米国を批判する声を上げはじめた。

ロシアのラブロフ外務大臣は、
北朝鮮近辺での軍事的挑発の活発化は、意味のない段階
に入ろうとしている。北朝鮮の周辺では軍事的挑発が拡大し、
事態が制御できなくなるような一方的な措置が採られている
とアメリカを強く非難した。これは、もちろんプーチンの意志だ。

中国外務省の洪磊(こう・らい)副報道局長も、双方の自重を求める
と共に、朝鮮半島の緊張を終結させるための共同の努力を
(主に米国に)要請した。

しかし、朝鮮半島は一触即発の状態にある。
今後、事態がどー展開するかは…、
無理やり戦争に持ち込み、大量の武器弾薬を大量に消費させ
たい戦争屋軍団を、オバマとヘーゲル国防長官が押さえ込め
るかどうか? にかかっている。

もうひとつ…、
金正恩が、「北朝鮮を殲滅する!」という米国の激烈な軍事的
威嚇と挑発に対して、どこまで耐えられるか?!
これも重要な観点だが…、別の可能性もある。

それは、中国・ロシアと内通した「金正恩の世界戦略」だ。
つまり、(いま、欧米軍に殲滅させられよーとしている)シリアを背後から
援護するために、米国の兵力・兵器を極東へ分散させる! と
いうプーチンの作戦に金正恩がノっているという見方だ。

プーチンと金正恩が共闘して、アメリカ軍を潰す!
この可能性があるなら…、鷲は老骨にムチ打ち、日本刀を腰
に差して、戦場に馳せ参じたい!
2013/04/01(月)2 エイプリル・グラスピー
鷲はエイプリル・フールの日に必ず思い出す名前がある。
その名前は、エイプリル・グラスピー

彼女は駐イラク特命全権大使で、サダム・フセインに…、
「イラクとクウェートの問題に、アメリカは関与しません!
このことは大統領とベーカー国務長官の強い指示です。」
と、甘い言葉で告げた。(1990年7月25日)

エイプリル全件大使が言った「米国不介入」を信じたフセイン
は、自信満々、クウェートに激しく侵攻していった…。これが
湾岸戦争の始まりでR。

前稿のタイトルは 『ダマされるほーが悪い!』
これはサダム・フセインにピッタリの言葉だ。
なぜなら…、
大抵の場合、ダマされたほーは取り返しがつかないからだ。
カネだって、ダマシ取られたら、ほとんど戻ってこない。
ダマされたほーが悪い!あきらめろ! としか言いよーがない。

しかし…、
ダマすほーは、もっと悪い! 極悪人だ。
とくにアメリカの戦争屋は、世界の極悪人と言ってEー!
アフガン、イラク、リビア…、日本だって真珠湾でハメられた。
次は金正恩をダマシ討ちにし、その次はプーチンを失脚させる
謀略を米国戦争屋軍団は、いま、必死で練っている。

ところが、金正恩は謀略の鉄人・呉克烈(オ・グッリョル)に仕込まれ
た謀略のプロで、プーチンは、これまたロシア最大の謀略王だ。
そーして、金正恩の背後には、いま、プーチンがついた!
米国の戦争屋軍団は、ステルス爆撃機を続々と韓国に運んで
いるが…、北朝鮮殲滅作戦は、そー簡単なものではない!
中国も、米国の全空母にミサイルの照準を合わせたし…。

いま、最も不利なのは…、ヌッポンだ罠ー。
大戦争になって…、
もんじゅを狙われたら、近畿も関東も中部も全滅だもんなー。
2013/04/01(月) ダマされるほーが悪い!
エイプリル・フールとは、毎年4月1日には嘘をついてもよい、
という風習だ。
このウラの意味は、普段はウソをついてはいけない!という
ことで、そこには支配者側の意図が見え隠れしている。
これは正直者のほうが支配しやすいからで、したたかな人間
に支配者側がダマされてはマズイからである。

近代国家という支配体制をより効率的にするために、西欧の
支配者は「Be honest!(正直であれ!)」と国民を徹底的に
教育し、洗脳してきたし、日本でも明治維新(近代国家成立)
以降は、これまた徹底した『正直主義教育』をおこなった。
その結果、日本では面白おかしいウソをついて、人間関係を
円滑にする“方便としてのウソ”が消えてしまった。

そのくせ支配者側は、マスコミや教育機関(=学校)を使って
国民を徹底的にダマしながら洗脳してきた。
三権分立、民主主義、公正な報道、原子力の平和利用…、
み~んな壮大なウソ(虚構)である。ウソは壮大なほどダマシ
やすいのだ。教育制度(学校)なんかも、壮大なウソを信じた
誠実で忠実な国民(被支配者)を養成する虚構の制度なんだ
と、そー気づけば、可愛い子供を無理やり学校なんかに通わ
せる必要性もないし、必然性もない!鼠コトだ。

支配者側が豚でもないウソをつき続けることは、311以降の
政府やマスコミの詐欺師ぶりを想起すれば歴然なんだが…、
騙されたまま、まったくウソに気づかないシトが多いってのは
可哀想鼠か、致命的だ罠ーー。

エイプリルフールとは4月1日のウソにコロリとダマサれるシト
のことを言うらCが、この国のシトは年がら年中ダマされどーし
なんだ倭なーー。
政府もマスコミの この2年間のウソ・イツワリは、ほんと、犯罪
だ罠。それも殺人罪だよ、殺人罪。

鷲のばやいは…、
70年近い長い長い人生で最大の誇りは、一度たりともウソを
ついたことがない!鼠ことなので、きょうは自分をホメる日だ。
『ミ☆ 想夜念 ☆彡』 『ソフトバンクを分析』 『株の明日を読む』 『ゲストブック』 『掲示板』 以前のコラム △この頁のTOPへ

焼酎カスが豚のエサに!  グルンバ活用の現場から  ソウル近郊でヤーコン栽培  乳酸菌で悪臭解消
済州島の乳酸菌培養工場  悪臭が消えた!済州島NEW 農業を救う技術  『せせらぎプール』で汚水処理
.
おやすみなさい

いかに永く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題だ.(セネカ)
☆GRNBA☆

ct  ▲TOP  inserted by FC2 system